FC2ブログ

高齢者介護に問題施設

12日付のK新聞に、高齢者介護施設の問題、施設員の虐待や、

サービス付き高齢者住宅の不十分なケアの実態などが詳しく

書かれていた。その被害者の7割は認知症だという。まぁね、

自分じゃ虐待を受けたという認識も、薄かろうからな。でも、

恐怖心は薄ら残るかもしれないから、そんな劣悪な場所で余生

を送らねばならないなんて、お気の毒な事である。自宅で介護

を受けて生活して居ても、家族による虐待は起こりうる。ウチ

も、私の曾祖母(母のお祖母さん)が80すぎて病死するまでは、

後半ウチでほぼ寝たきり状態で、ほとんどほったらかしだった。

おかあさんもその時まだアラフォーと若かったし、今のように

デイサービスなんてなかったから、虐待をしているなんて意識

はなかったろう。当時高校生だった私は、もし両親を看る事に

なったら、当人達が生きやすいよう手助けしたい等と思ったが、

果たして、そのようにやれているかは疑問だ。介護される側の

環境改善は、声高に言われるが、介護する側の困窮は、流され

ていくようにも思える。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

代わり映えなき介護は続く

もう全て書き尽くした感のある、何ら代わり映えしない両親の

介護の日々。もはや介護も日常になり、日々徒然のため息吐く。

ブログを書く意味も気力も薄れてきて、早起きも億劫になって

しまっている。世間では、10連休とか湧いているが、私はウチ

で身動き取れない。何とか明るく日々を送りたいとは思うが、

仕事以外はだらしなく引きこもって、寝てばかりいる。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

腰痛の原因

さて、例の腰痛の件ですが、3日程で不思議と痛みが消えました。

腰ギックリの原因は、風邪菌が体に蔓延していたかららしいです。

整体関連の本を読みましたら、風邪を引くと、そういう”腰、背中

のコリ的な事にウィルスが関与して、ギックリに似た症状が出る”

みたいです。で、風邪治ったら、そういう痛みもなくなりました。

そういえば、以前、背中の片側だけが酷くツッた事がありました。

体を冷やしてしまったのか、温めたら治ったのを思い出しました。

さゆりさん、メールありがとう。私の体調は、もう大丈夫ですよ。

皆さん、ご心配かけて御免なさい。今後ともぼこぼこ介護ブログを

よろしくお願いいたします。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

淡々とただ過ごす

すっかりさぼり癖がついてしまったこのブログ、もういっそのこと

休止宣言しようか、なんて思ってしまう。両親の介護も進展がない。

顔見知りの方に、「ご両親はお元気ですか?」などと聞かれても、

つい言いよどんでしまう有様だ。特におとうさんは、歩くたびに

しんどそうに唸っているしなぁ。かといって、何もせず寝てばかり

というのも、体に良くないみたいだし、いちいち手を貸すのもアレ

ですし。子供じゃないんだからね、心不全だから仕方がないです。

おかあさんの認知症も、治らない病気ですし。そのまま静かに終焉

を待つばかりな、淡々とした日々の感じでございますよ。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

何だか不調続き

またブログサボっちゃった。9日の初仕事は、34名の参加者があり、私

もノリノリで仕事を終えたのに、一件落着とはいかず。4月に入ってから、

下痢したり風邪気味だったりと、なんか体調がおかしいと思っていたら、

ゴミ箱にゴミを捨てようと少し屈んだだけで、腰が痛くなり、今も痛い。

何だこれは。もしかしてギックリ腰とかいうあれか?どうなってるんだ、

私の体は。そんなに姿勢が悪かったかなぁ。。知らず知らず酷使して

いたのだろうか? とりあえず聞きかじったストレッチなどを、あれこれ

試して体をだましだまし使っている現状です。年のせい?それにしても、

おかあさんは認知症だけど、ギックリ腰とかは一度も経験なさそうだわ。


テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR