FC2ブログ

暗い生活

私の部屋の天井に取り付けの丸いライトが、二つとも切れた。

正確には一個だけ、寝るときの明かりは付くけれど、もう夜、

何も作業はできず、本も読めない。蛍の光、窓の雪で文を読む

なんて、たわごとだと思い知った。今までだったら、電気屋を

呼んで修理をしてもらうんだけど、何せ部屋中混沌として汚く

恥ずかしくて呼べやしない訳です。情けないもんだね。若い時

同じ様にライトが切れた時は、脚立の上に立ち上がって自力で

直せたんだけど、今はもうそれが、怖くて出来ない。高い所は

元々苦手な私。それで、100円ショップで小型LEDスタンドを

買って来た。これが、乾電池単三3個で結構使える。もちろん

部屋中明るくはならないけど、コードレスなので、持ち運びも

可能。とりあえず手元だけは明るくなった。年寄りの情けな話。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

私の家じゃない

おかあさんが、明け方何度も階段を、上ったり降りたりしている。私の

部屋の前まで来ても、開け方を忘れたようで、ガタガタ押して開かない

ので、下に降りて行ったと思ったら、また上ってくるので、根負けして、

トイレに行きたいのかと聞くと、「ここは(私の)ウチじゃない」などと

言う。「もうウチには帰れないのか」とも言うので、「ここはウチだよ」

と言い聞かせて寝てもらった。よく考えてみたら、本来は道路の反対側、

西側に昔の家があったが、道路の拡幅で取り壊され、今の東側に移った。

もう何十年も前の話だが、おかあさんの記憶が、当時にワープした様で、

もはやない昔の家の記憶が、間取りなどを混乱させていたのかとも思う。

もうあとひと月たらずで今年も終わる。今、昔、先のこと。もうそれは

おかあさんには全部、関係ないんだね。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

お知らせがあります

続きを読む

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

年とともに

どんどん日は過ぎていく。ウチは代わり映えなく、おかあさんは認知症で

おとうさんは心不全で、私は疲弊しております。ブログも滞り気味ですね。

なんだかなー。書くのもしんどいや。ブログ辞めようかどうしようかと、

まだ考えて居ます。つくづく、歳とったなぁー。

ごめんね皆さん、楽しくなくて。こんなことしか書けない自分が情けない。

とりあえず、今日も生きていきます。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

認知症の正義感

おかあさんが、コタツの天板をバンバン叩きがら、「ダメッ、ダメッ」と

言っている。一体何をして居るのかと、思って見ると、おとうさんが観て

いる洋画で、ちょうどヒロインが危ない目にあって居て、ヒーローの助け

を求めて悲鳴をあげている所だった。ああ、そうか。と、納得。

おかあさんは、昔から正義感の強い人なのだった。それは認知症になった

今でも、ちゃんと機能しているという訳である。なんとなく、微笑ましく

感じた一件であった

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR