FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 生きるって何?

朝、電気釜のスイッチを入れる為、台所に行く。すると、

洗い桶に、食器が突っ込んである。せめて、自分が食べた

食器くらい、洗ってほしい。と、げんなりする私。

おかあさんに至っては、お盆に乗ったままのお椀が、食べ

残しと共に、コタツの天板の上に放置されている。

両親は、国が指定する要介護度云々より何より、もはや

支援する人が側にいないと、何も出来ない状況なのだ。

そんなになっても、生きている。生きるって、なんだろう。


. ガンバレ

主治医の指示通り、寝過ぎない様にグラマリールを

減らしてみたものの、依然、昼は寝て夜になると目を

覚まして、ガタガタ。「誰も居ないよ?」と探し回る

おかあさん。毎日、めんどくさい。

ご飯も見守って居ないと食べず、ほっておくとまた

寝てしまう。片付かないので、「ガンバレ、ガンバレ」

と声をかけて、おかあさんを促す私。

ちょうど相撲の、稀勢の里の取り組みがあった。

負け越している横綱に「ガンバレ、ガンバレ」と、

拳を振り上げ応援するおかあさん。お前もガンバレ。

稀勢の里は、最後平幕にも負けてしまったね。。


怪我しても頑張っていた稀勢の里さん、お疲れ様でした。

. 寝過ごしました

疲れからか寝過ごしました。昨日またしても、おとうさんの

検診日の付き添い。と言っても、おとうさんは、認知症の

おかあさんと違い、主治医の質問にも自分で答え、ほぼ完璧。

その後歯科医院には自分で車を運転して行った。ま、いつも 

図書館までは運転していて、歯科医院は近い。帰りには検診

の時、主治医に処方された方の薬を、忘れずもらって来たし。

私が疲れることはあまりなかったはずなんですけどね。

(歯科医院に行くというので、替えの肌着は買えなかったしね)


その後、ぼーっとTVを見ていて、夕飯の支度に下に行くと、

いつのまにかデイから帰っていたおかあさんが、コートを着た

ままの姿で、火のないコタツに潜って寝ていた。

. 着替えとデイ

おかあさんが利用しているデイでは、連絡帳にその日の様子を

書いて知らせてくれる。こちらからも、爪切りや洗髪の見守り

とかの要望を書いておくと、そのようにしてくれている。

ただ、朝の慌ただしさなどで、つい、こちらからのお願いが、

口で言うだけになったりする。先日も着替えをお願いした時に、

着替えるものと着て行ったものが、同型色違い(白とグレー)の

セーターで、職員さんが間違えて同じものを着せたかも。と

帰り際言ってこられ、洗濯するのはどれ?と言う事になった。

ウチで着替えてもらおうとしても、居間は少し寒い為なかなか

言うことを聞いてくれず、しまいに「面倒だから行かない」と、

言いだしたりするので困る。おとうさんの方の肌着も、みんな

ボロボロに破けてしまい、自分で必死に繕っている。新しい物

を買いに行くという事もしそうにないので、今日の検診帰りに

スーパーに一緒に行って、忘れず買ってこなくては。

. 父の付き添いで病院へ

おとうさんの唇にできた癌の、転移がないかの確認など

の為に、T総合病院に付き添う。今年はまだ雪があまり

降らなくて助かる。駐車場にも空きがあった。しかし、

CTを撮ってその結果を待つ間、いつものように待合所で

長々と待たされる。前回、癌のマーカーとやらの数値が

上がっていたと言われたが、今回は下がっているので、

転移とかは無いでしょう。とのこと。ただ、CTに写った

肺に、「大きな穴ぼこや、モヤモヤが多々見られるので、

“間質性肺炎”の疑いがある。肺の検査をしましょう」と、

再来週また来るように言われる。私は思わず心の中で、

「やれやれ、今度は肺炎かよ」と、ため息をついたが、

その日は仕事は無いので、付き添いはできる。心不全の

上に肺炎。道理で咳が止まらなかった訳だ。明日も地域

センター主治医の、定期検診の付き添い。自分の事では

無い用事で、スケジュール帳がどんどん埋まって行く。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>