FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 昨日も色々頑張った

大きいコタツを出してから、おかあさんはなぜかコタツで夜通し寝る

ということを、あまりしなくなった様に思う。

おとうさんは寒くなってから、朝起き出すのがゆっくりになっている。

ご飯も、昔の様にガツガツした感じがなくなって、ゆっくり

食べる様になった。ちなみに、おとうさんは石油ストーブを使用する。

両親とも、無事に年を越せそうな感じで、一安心だ。


私は、自分で耳掃除をして大きい耳垢を三つも取ったのに、再び右耳

の聞こえが悪い。まぁ、歯科医院で歯垢を取ってもらう時の、あの嫌な

空気をつんざく様な音は、両耳から大音量で聞こえるけど。

昨日は、午前中は風呂の掃除に取り掛かり、午後からはモータースで

冬タイヤに交換してもらって、買い物に行ってから、歯医者に行ってと

結構動いた。背中の痛みがなくなったので、タイヤの移動も車に乗せる

のも自力でできてよかったわ。天気も良かったし、何事もうまく行った。


. コタツ問題の解決

昨日に引き続き、居間の故障したコタツの件。昨日考えた通り、

物置と化した座敷に、放置されていた客用の大きなコタツを、

両手で持ち上げ、妊婦の出産時の様な荒い息を吐きながら、

廊下を移動。ウチの廊下には作家さん手彫りの木の間仕切りが、

妖怪”ぬりかべ”の様に立って邪魔しているせいで、そのまま通れず、

廊下隣のおかあさんの部屋を、すり抜けて通る始末でございます。

それから、古い壊れたコタツを退けて掃除機をかけ、持ち込んだ

大きいコタツを置いて布団をかけたが、少し布団が小さかったわ。

座布団を横にかぶせて布団の足しにしてごまかし、設置完了。

一仕事終えた私を待っていたのは、回覧板。こんな時にホンマ面倒。

そんなこんなで、やっと朝飯の支度。を、始めたところに、洗濯機

終了のピーピー音。という次第の慌ただしい朝であった。


. 居間のコタツが故障

おかあさんが毎日使っている、居間のコタツ。もはや、おかあさんの

身体の一部と言ってもいいくらいだが、そのコタツが壊れてしまった。

点かない。と言うので見てみると、コードが恐ろしくちぎれ、危ない

事になっている。「このコタツもう危ないから使わないで」すると

おとうさんが「直してやる」と言う。現役時代おとうさんは、定時制

工業高校の機械科の教師だったことがある。IT以外なら大抵のものは

直してきた。「いや、新しく買うからいいよ」下手に直されて、余計

危ない事になっては困る。この家が火事になるのが、私は今一番怖い。

独身子供なし持ち家が頼りの私は、焼け出されたら行くところがない。

寒がるおかあさんに、とりあえずの対策として湯たんぽにお湯を入れ

タオルで包んで壊れたコタツに入れた。「これで我慢して」おかあさん

は昨日デイの日だったので、それでコタツ問題は先送りされている。

この前、報恩講の時出すはずだった大型のコタツがあったっけ。あれを

こっちへ持って来ればいいか。それなら買う必要もないしね。

. 朝も早よから

ブログを書くため、いつも朝4時に起きる。その代わり

夜は9時過ぎに、早々と寝るけど。

起きたら、台所でカフェオレを入れる。カフェオレと

言っても、牛乳と豆乳を半々入れたもので、なかなか

美味しく、お腹もゴロゴロしないので気に入っている。

今朝もそれを入れていると、「ご飯を食べましょう」と

おかあさんが入って来た。あれ、さっき確かめたけど、

居間のコタツにはいなかったのに、耳ざとく起きて来た

ようだ。毎朝「ご飯だよ!」と起こしても、朝ごはんには

なかなか起きて来ないのに、珍しい。しょうがないので、

買い置きの菓子パンを袋ごと手渡し、「まだ4時だから、

朝ご飯はもう少し待って、これでも食べてて」と言うと、

コタツに入って大人しく食べている。まだ、コタツには

電源が入っていないが、寒くないので関係ないようだ。

なんだか今朝も、バタバタしそうな気配である。


. 一人では手に余る

段々、一人では手に余る事が増えて来た。一昨日から、

天井の丸ランプの蛍光灯が切れてしまった。元々二つ

付いているので、残った方を全灯にすれば、なんとか

暗闇は免れるが、前も書いたように、私は高所恐怖症

なのでカサを外して蛍光灯を交換しようにも、脚立の

上に立つのがどうにも苦手だ。私の部屋は天井が高い。

ちょうど、デイの男性の方がおかあさんを迎えに見え、

その方に頼んでランプのカサを外してもらおうとした。

が、回すだけでは外れず、「電気屋さんに頼んで下さい

僕が無理にやって壊してしまっては申し訳ない」と言い

残して、去って行かれた。

普段から家の中の掃除を怠っているので、今回この方に

部屋に上がってもらうのも気が引ける有様であった。

蛍光灯は交換できぬまま。電気屋さんかぁ、ため息。。

(* さゆりさん、いつも暖かいコメントありがとうございます)

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>