FC2ブログ

二転三転

デイ利用日(火曜日)のその後


日の出が早くなり、

おかあさんの起床も早く、朝6時、元気よく(?)

「今日は、(デイの)迎えが来ても行かない。

体調が悪いからね。そう言って 断ってね!!」

おとうさんが、ゴミ出しで 外にいたようで、

却って好都合。

 >まあまあ、今すぐ決めなくてもいいじゃない。

行ったら、結構 楽しい事があるかもしれんよ。

と、少し落ち着いてもらう。


さて、朝ご飯の支度を。と、下に降りてみたら

二人で 残り物をテーブルに並べ、

すでに自分たちで 朝食を始めていた。

イイゾ。さっきとは 打って変わって、

行動的になっているのが、感じられる。

ここぞとばかり、

 >おかあさんが来るのを、皆 楽しみに

しているからね。  

とかなんとか 持ち上げる 私。

そして元気に出かけていったのだが、

帰宅後、連絡帳を見ると、

入浴直前、ふらついてうずくまったとかで、

血圧も高く、入浴は見送り。

昼まで横になって休んでいた。とのこと。

その後 とくに問題はないようだ。

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

スーパーご長寿に釘付け

やばい、青蚊さんがじわじわ〜と近づいてる。

もうすぐ夕食という時に、これだよ。

高校野球の延長戦を、ず〜っと観ていた

おとうさんが、気に食わない らしい。


ちょっと休戦してもらおうと、お仏壇に、

仏さんのごはんを持って行ってもらう。

改めてTVを点け、食事をしながら

しばらく皆で 観ていたら、

102歳のボウラーの男性と、

99歳のスイマーの女性の、

かくしゃくとした姿が映しだされた。


おかあさん、TVに釘付け。

「すごいねぇ〜、とても真似ならんわ」

「明日はワタシ、(デイに)行く日やね」

おお、珍しく積極的になっている。

スーパーご長寿に 感化されたらしい。


これが 昨日の夕方の話。

天気もいいようだし、今朝は

愚痴なしで お出かけしてくれるかな。

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

もう若くないけど

年相応より、少しくらいは若く見られたい。


若い時はそうも思わなかったが、

いざ アラ60にもなると、

あまりあからさまに ババアに見えるのも、

なんだかな。ですか。

「若く見えますね」との言葉には弱く、

そう言われ、つい にやける おかあさんも、

「お化粧や髪型に、お金は掛けていないの」

と、自慢気に 言っていたのが、

齢80の声を聞き、もはや 寄る年波は

隠せずの、ババア度アップ。

(もちろん、余計な事は言わないけど)


娘である私は、さすがに 全く何もしない訳にも

いかず、下地クリームと口紅くらいは 付ける。

でも、還暦目前、ババア度は確実に伸びています。


しかし何ですな、
姿勢や体型も、顔と同様 若くありたい。

若返って、お顔もピチピチな 美魔女になれば、

何にでもまだまだチャレンジできそう・・・。と、

そんな期待感に酔ってしまうが、

よく考えると 逆だよね。

若く見える人は、実際、考えとか諸々が 若い。


長年培った表情筋が、結果、いい味だしてくる。

なんてね、こっち 期待しましょう。

もう若くないけど、まだまだ先は長そうだ。

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

苦手なトイレ掃除

ウチにはトイレが二つ。

二階の私の部屋の横と、

一階に両親が使う広いものがある。

私もおかあさんも、過活動膀胱気味で、

トイレの回数が多い。


両親の、食事や入浴の管理はできるが、

便秘や下痢などの情報は、よく判らない。

下のトイレには入った事がないからだ。

さらにお恥ずかしいことに、

件のトイレは 誰も掃除をしないので、

見るも恐ろしい事態になっている。

一応、詰まりかけていたのを見かねて、

100均で、詰まりを取るヤツ(何て言うの?)

を、買ってはきたものの、

未だに、手がつけられない。

なんとかせなあかんなぁ。

でも、見るだけで倒れそうなのだもの。

考える度に 憂鬱になる事案である。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

牛乳パック

牛乳を飲もうと取り出すと、パックが開いている。

しかも、両方から開けてあって、

少し牛乳が漏れている。

おかあさんは、牛乳パックの口を  

必ず両方から開けてしまう。

最初に、開けるべきじゃない方を開けるのか、

開けるべき側の接着が うまく剥がれず、

もう一方を試してみた結果なのか は、判らないが。

かくいう私も、間違える事はある。

私の場合は 後者で、

たまに しっかりくっつきすぎていて、

開いたときには、注ぎ口の角がボロボロになる。


紙パックを 全開すると、こぼれやすい。

例えば、豆乳パック等は 注ぎ口が別に付けてあり、

注ぐこと自体は簡単になっている。

しかし、おかあさんのような認知症者には、

この注ぎ口 って理解活用できるのかな。

牛乳パックと同じ様に開けようと 苦心するか、

結局、ハサミで切り裂いてしまったりして。

まぁ、おかあさんが豆乳を飲もうと、

自分でパックを開ける事は、まずないけど。

牛乳は、カルシュウム補給の為 体には必要

でも、豆乳は、調味料的な扱い のようなので。


最近は、すっかり料理もしなくなった

おかあさん。

たま〜に食器を洗ってくれたりするけど、

なぜか洗剤を付けないので、ヌルッとしていて、

後でコッソリ洗い直している。

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR