FC2ブログ

子宝草の引っ越し

二階の廊下にずらり並んだベンケイ草。

いつのまにかずいぶん増え、7鉢もある。

土の入れ替えをして、全部玄関に移した。


ベンケイ草は、通称 "子宝草"と呼ばれ、

葉先にたくさん芽が付くことで知られる。

"セイロンベンケイ"と言うらしい。


ウチには2種類あって、

鉢植えのままで 葉に花のように

芽が鈴なりに付くものと、

葉っぱをちぎって水に浸けておくと、

端から新芽が伸びてくるものがある。

この水栽培で増える方は、ずいぶん前、

スポーツクラブでバイトしていた時に、

メンバーの方に葉っぱを一枚貰ったのが、

年ごと増えまして、今や子宝満作です。 


寒さに弱いので、冬場は部屋に移動する。

それが、ブログを書き始めた 昨年の

11月のことだった。


子宝草の芽のように、ブログの読者も

増えたようで、感慨深い。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

覚えている事いない事

暖かくなって、おかあさんも

畑や庭の見回りに 余念がない。

呼びに行くと、一心に松の枝を

いじくり回している。

そろそろウチに入るよう促した。

手に、ニラを一杯入れたビニール袋

を持っていたので、それを預かる。


ウチに入ると、しきりに指を気にして、

松の木でトゲが刺さったと訴える。

しかし指を確認しても、何もない。


ウチはすでに家中が老眼に冒されており、

夕時は、ただでさえ物が見づらいのだ。

「気にしなくても大丈夫」と、なだめて

忘れてくれるよう願ってもそこはダメで、

そのうちおとうさんが どうにか

トゲを見つけ出して、抜いてあげた。


やっと落ち着いたか。と思いきや、

「ニラを置いて来た」と、あわてて

立ちあがる おかあさん。

「私が持って来た」と答えて、止めた。


ニラは覚えてたけど、預けたのは忘れた。

デイへ、「上着を着ていったかどうか

忘れてしまって、我ながら困るわ」(笑)

と、帰宅後 少し気にしていたけど、

どこまでが認知症で、どこまでうっかり?

境界線は微妙である。

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

デイヘあの手この手

春になってから、デイサービスも

あまり嫌がらず行ってる おかあさん。

昨年2月5日から火曜日のみ利用し始める。

デイサービスへ行ってもらう為、

「主治医の先生から紹介された人が行ける所」
「今まで苦労してきたから、楽しめばいいよ」
「国の税金で利用するから、お金はかからん」

等々、始めは聞こえが良い言葉を選んでいた。

そのうち冬になって動くのが億劫になったか、

「勝手に申し込んで。行きたくない」
「今日は気分が悪いから、行かない」

と、拒否するようになってしまった。 

その時は一旦、

「わかった。無理しなくてもいいよ」
「今すぐ決めないで、ご飯食べてからにしよ」

となだめ、少し時間を置いてまた勧めてみたり。

着替え等も出して 当人の負担をサポート。

至れり尽くせり感を 出してみたりして。

少し前まで こんな風。

今はなんとか普通に 「いってらっしゃい」

今回は、初めて"顔そり"も申し込んでみた。

「五分で終わった」とか。 そんなもんだよ。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

もう来ないで青蚊さん

きっかけは、いつも 些細な事なのだ。

せっかく 少し落ち着いたと思った矢先、

おかあさんの感情が、何らかの刺激を受け、

久々の、青蚊さんの登場と相成った。


おとうさんが、まだ読んでいる本を、

せかしたか、取り上げたか、何か"勝手な

事して"青蚊さんの逆鱗に触れたらしい。

同じような繰り返し(ブンブン文句)
を聞くのが鬱陶しいので、

私もおとうさんも 即 別室に避難した。

15分程して戻り、ご飯の支度を続ける。

支度が出来て おとうさんが顔を見せると、

ブンブン文句が、再生されだした。


認知症の特徴で、不安定な感情は、

CDみたいに 一旦停止と再生を繰り返す。

TVの音も頭に響くのか、最低に絞られる。

ずっとブンブン文句は続き、

もはやTVは聞こえないが、画面だけでも

観るとこっちは気が紛れるので、消さない。

食事の間中、お経のような恨み節が続いた。


何気なしテーブルに置いてあったおせんべ

を頬張ったら、青蚊さんの文句がおせんべ

齧る音で聞こえなくなった。こりゃいいや。

両親にも配って食休み。一旦休戦にして、

そろそろおかあさん 戻って来てください。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

青蚊さんはいずこへ?

最近、おかあさんは感情が安定している。

青蚊さんに変身して、感情的な恨み言を

延々言うのがなくなって 久しい。

今更ながら、平穏無事な普通の日々

とは 幸せなものだ。と、実感する。


「ボケないように本を読むよ」と、

月に2、3回程 図書館で借りて来る、

文字の大きな本を開いて眺めている。

最近借りて来た本を見ると、[福袋]

というタイトル。

「面白そうな本だね」内容を聞くが

「んぁ、そう」と要領を得ない。

ただ、おとうさんに借りて来てもらう

のではなく、一緒に付いて行って、

とにかく、何か本を選ぶだけでも

やろう。という気持ちが大事なのだと

私も思う。


青蚊さんが来なくなったのは、

認知症が 一旦止まったのか、

それとも進んだのか・・・。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR