ぼこぼこ介護

. 青蚊さん久々登場

ジャスト夕食時、

青蚊さんの恨み節が再燃。


今日は私も感情が低空飛行気味。

ネチネチと続く"ブンブン文句"
(認知症特有の堂々巡りの物言い)

に我慢も限界。二階の自分の部屋で

久しぶりに一人の夕食をすませた。


青蚊さん騒ぎの前だが

TVに、耳の不自由な少女が映り、

「〇歳で完全に耳は聞こえず・・」

それを聞いてすぐ同情、鼻をすする

おかあさんだが、こういう態度も

私にしたら嫌みです。

当の少女は前向きに生きて行こう

と、健気なの。

「かわいそう〜」って逆に失礼や。


物事を表面的に見て、単純なものに

してしまうのは、認知症になる

以前からの性格で、


おかあさんのそういうところ

が、未だにひっかかるのです。


. 友に会う

県外の友人が会いに来てくれる。

高校時代からの友人で、今では

会うのも年に一度か二度になる。

昔話に花が咲く。

彼女には、既におかあさんの

認知症の事を話してある。

なので、こちらを気遣ってくれる。


実は彼女の旦那さんのお義父さん

も認知症で、最近養護施設に入居

したという。土日に時々顔を見に

行くのだと言っていた。91歳とか。


おかあさんの好きな旅行に、

たまに妹夫婦が

誘ってくれるのだと話したら、

旅行で新しいものを観ると、

少しは感情に何かが残る筈と、

クリスチャンの彼女らしい

見解であった。


. デイ時々週2になる

火曜日のデイAに加えて、金曜日の体験利用を

したデイBからのお誘いをうけ、思い腰をあげ

て、どうにか出かけたおかあさん。

今朝になっても「自己紹介で名前しか言えな

かった。もっと何か言うべきだった。職員の

人も促してくれればいいのに、一瞬シーンと

してたの」と、意外に細かいことを一週間も

覚えていて、延々気にしていた。


おかあさんは、まだ寝たきりではなく、入浴、

トイレも自力で行けるし、感情的に激高

することも最近はなくなって、それほど

手がかかる訳ではないが、社会参加という

意味でも、受け入れがあるのはありがたい。


地域での婦人会などもあるのだが、おかあ

さんももう参加は望まないし、美術館で

展示を観たり、映画館に行きたい

とかいう気持ちも、最近では

「疲れるから。遠いし・・・」と、あまり

積極的に行動したがらなくなっている。

そんな中、代わり映えしない日常に、

少しでも変化をつけるのは必要なことだ。

. 認知症の汚名返上?

仕事から帰ったら、いつもは洗い桶に

浸けっぱなしの食器が、洗ってあった。

冷蔵庫にはキューリをスライスした物が

丼に残っていて、味も付いている。

おかあさん、最近なかなか活動的である。

(昨日使った野菜カッターは、片付けたの

で、見つけ出せなかったみたい)

包丁で薄めにスライスしてあり、

酢と塩と砂糖で、味付けもそこそこだ。

旬のキューリは畑で作っていて、

これからどんどん採れる。

キューリを見て、食べたくなったのか。


デイへ行くと、いつも、黙ったまま

動かない人が気になるのだと言う。

自分がそうならないよう、心がけて

いるようだ。


しかし、昼時の事を私が誉めても、

もうお昼の事は記憶にないようで、

返事がピント外れなのは ご愛嬌。

. 青蚊さんの脳活

「サッカー負けたね」

昼食の支度をしていると、おかあさんが

台所に入って来て言った。

>うん。頑張ったけど残念だったね。

結構 細かい所まで覚えている

おかあさん。サッカー観戦は脳活に

なっているようだ。

ついでに、ウチの畑で採れたキュウリを

野菜カッターで薄切りにしてくれるよう

頼んでみた。


立っているモノは認知症でも使え。


おかあさんは2本のキュウリを、薄切り

にする際、カッターの歯や容器のセット

にやや戸惑う。そこはフォローする。

手を切らぬよう注意しつつ、

ちゃんとキュウリの薄切り2本分が

完了した。

午後からはおとうさんと図書館へ

お出かけ。なんとか喧嘩せず

帰って来た。


. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>