ぼこぼこ介護

. もう秋かな

8月も今日まで。ウチと周辺の田んぼ

には金曜日にコンバインが2台来て、

緑色の早稲をすっかり刈り取って行った。


今では田植えも稲刈りも、営農組合任せ

だが、若かりし頃に、私も数えるほど、

稲刈りの手伝いをした覚えはある。

あやまって長靴を鎌で切ってしまった

り、仔ヘビを一緒に掴んでしまった等、

あまり楽しい思い出はない。

刈り取った稲は、今のように機械で

処理される前は、手で一束ずつ干しては、

集めて丸く積み上げ、てっぺんにゴザ

を三角にかぶせた。それを"ワラニョウ"

と言い、田んぼにワラニョウがいくつも

並んでいるのが、このあたりの

秋の風物詩だった。


もうどこにもワラニョウは見なくなった。

歳月を感じる。 

. 検診日の追記

検診を色々終え、睡眠薬も貰ってきた。

久しぶりに身長も計ったら、151センチ?

少し縮んだようだ。

体重44.6キロ、血圧164/88だった。

今回は、血液や尿検査をしただけで、

レントゲン等は次回するとのこと。

気になる認知症の進行状態だが、

出来ない事は、家電の操作、買い物、

金銭管理、料理、といったふう。

まだ要介護1のままのような感じだ。

要介護1と2の違いは、制度を利用する

時に、少し補助が出るくらいという。

ただ、今自立で出来ている、食事、風呂、

着替え等が出来なくなるという事なので、

おかあさんには、出来るだけ今の状態を

長く保っていてもらいたいと思う。

. また検診日ですよ

毎月、ちゃんと日数分貰っている筈の

睡眠薬が、必ず3錠ほど足りなくなる。

でも今月は、しつこく訴えてこない

おかあさん。

錠剤を一粒ずつ、毎夕手渡しすると

いう提案は、却下され、錠剤に数字を

書いてみたものの、見ても意味が分か

らないのか、何の役にも立たなかった。


夜の散歩は辞めた。と言う癖に、必ず

夕方、外に出て行く気配がしている。

これも、昨日は珍しく出なかった。


今日金曜日は、四週毎の検診日だ。

今回は後期高齢者健康診査表も、持参

して、主立った診察をしてもらうのと、

介護認定の更新の書類も提出する。


さて、今年はどんな結果になるやら。


. 面倒な認知症モン

雨模様の上、おかあさんの感情低気圧が、

朝から発達して不穏な水曜日の幕開けだ。

「今、おとうさんを叱りつけておった」

あーそうですか。仕事行ってくるね。と、

さっさと逃げ出す私。


仕事を終えて帰宅すると、留守中の電話

やらファックスやらが溜まっている。

やりたかった事は後回し、洗濯機を始動。

そして、順番に電話連絡してると、階下

が、なにやら騒がしい。耳をすますと、

「私のセーターを洗濯機に一緒に入れてよ」

おかあさんがイラついてる。 

慌てて、「セーターの毛がつくと困るので

別に洗うから」と止めるが、なかなか納得

してもらえない。押し問答の末、

なんとか自分の仕事着とは、分けて洗った。


結局自分の事をやる気が、削がれてしまう。

しかもこの時期、セーターを洗うか?普通。

ほんと、認知症はめんどくさい。


. 忘れる事記憶に残る事

「仏さんの花を買うて来て貰うたけど、

おっかちゃんは廊下や自分の部屋に

生けてしまわれたな」

おとうさんは、おかあさんがデイに

行って留守だと、饒舌になった。

「N(私の姪の名前)が帰る時も、

友達に会って、バス亭へ送って貰て

そのまま帰る。と、何度言うても、

『知らん、そんなこと初めて聞いた』

と、怒り出すんや・・・」


私もおかあさんに、何度か説明した。

何度も聞き返され、何度も同じ事を

辛抱強く繰り返した。にもかかわらず、

全く記憶してもらえないで、あげく

おとうさんにキレているのが、判明。


一方、デイでの動き回る人、叫ぶ人

等の事は、毎回覚えて帰ってくる。

印象に強く残るのは、やはり

感情が伴う出来事のようである。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>