FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 選べなくなってる

スーパーへ買い物におかあさんを誘う。

もう最近は、仕事帰りに必要な物を

私がちょこちょこ買ってきているので、

一緒に行くのも二週間ぶりくらいだ。

誘うと大抵「はい」と色よい返事が来る。

しかし再度促さねば着替えも忘れている。


スーパーは開いたばかりなので空いている。

カートを押して(というか私が先導して)

通路をゆっくりゆっくり二人で歩く。

私が必要なものを選んでカゴに入れていく。

たまにどうする?とお伺いをたてると、

「買おう」という。

量の多い方にしたがるが、「どれも同じだよ」


私は最近、成分調整牛乳より無調整の方を選び、

カロリーの少ないマヨドレよりマヨネーズにし、

ドレッシングやタレの類いは極力買わなくなる。

書いてある成分が、どうにも気になってしまう。


一方おかあさんは、もうあまり陳列棚には

興味がなくなっているみたいだ。

. 食欲減退

最近おかあさんは傍目には変化がないが、

食事をするのが極端に遅くなっている。

私とおとうさんが食べ終わっても、

まだ半分も食べていない。


主治医によると、「途中で食べることを忘れる」

というが、観ていると腹もそんなに空かないか、

皿数が多いと面倒な様子で、一向に箸が進まず、

茶碗半分のご飯すら食べ残ったりしてしまう。
(シメのおかずはウメボシや塩こぶ)


今の食事の量はというと、家族の中では

おかあさんが一番少なく、私とおとうさんで半々。

過去、「ワタシの量を一番多くせなアカンやない!!

次がおとうさんや。ワタシより6つも年上なんやから

若いワタシよりおとうさんの量は少なくしなさいよ」

とのたまっていたのがウソのようである。

当時食事ごと3杯はご飯を食べていたおかあさん。

今では一日2合ご飯を炊いてもあまる程だ。

. 自宅内徘徊

アウトドアーな性分だったおかあさんは、

若い頃からウチの中で家事をしているより、

畑や庭いじりなど外の仕事を好んだ。

元々、このウチはおかあさんの生家で、

彼女の生活の拠点、本拠地である。

なので、ここより他にどこに行く必要もなく

アクティブな性格のわりに

徘徊して帰れなくなった事は一度もない。


もはや、散歩に出ることもなくなった。

しかし身体はまだまだ動かせる。

それでウチの中をあちこち点検してまわり

なにやらブツクサ言うという、自宅内徘徊が

最近まで頻繁にみられたのだが、

梅雨冷えが続き、最近はおとなしくなった。


身体を動かして、活動力を保って欲しい

とは言うものの、

やたらと動き回られるのもまた困りものである。

. 愛おしい体

体操の指導は高齢者を対象に行っているので、

メンバーの中には、腕が肩より上がらない人、

みるからにO脚で膝も腰も痛みを抱えた人、

背中が曲がった人がいつの間にか増えてきた。

私とほぼ同年代のある女性などは、歩く時

腰がもはや90度近くも前に倒れている。

正直こうなると体操では手の施しようがない。

見かねてダンベルは使わないでくださいと

注意しても、いつのまにか使っている。

ガンバリ屋さんなのである。

この方の家は代々食品製造業を営んでいる。

多分若い頃から人一倍仕事を頑張ってきて、

その結果がこの身体なのだ。

なんと愛おしい体かと思う。

と同時に、この人自身も、自分の身体を

慈しんで大切に使い、ケアされていたならな、

せめて身体を歪ませぬ知識と気構えを持って

おられれば。と残念に思わずにはいられない。

. 認知症に希望はあるか

おかあさんは今年の元旦早々から、

ほぼ毎日、ものすごい剣幕で怒り散らし、

「刺し殺す!」と喚いていたのがウソのように

今は静かになっている。

投薬が効いているのだろう、

最近は座ったままウトウトすることが多く、

デイの連絡帳にも「風呂の後寝ておられました」

と書かれてあったりする。


思えば、私達(私とおとうさん)は今まで

決しておかあさん当人とではなく、

認知症そのものと対峙してきたのだ。


そもそも、認知症になったのは

おかあさんのせいではないのだ。

そして認知症はどんなに小康状態が続いて

見えようとも、静かに進行していく。

ともあれ、これからも、

食べれて、動けて、喋れる(笑みを作れる)

今のままの状態を、できるだけ

長く保てるようケアしていくつもりだ。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>