ぼこぼこ介護

. 食欲の秋ですよ

もう9月も終わりか。

そういえば今年はスイカを食べなかった。

もらったメロンとかたくさんあったのだ。


年を経るとさすがに食は細くなる。

おかあさんもおとうさんももはや高齢なので

おかずもワンプレートで済むようになった。

自然、私も同じようになった。さらに私は、

どちらかといえば、お米をあまり食べない。

両親は、お米を作っていることもあり、

当然のごとく主食はご飯である。

朝はご飯に味噌汁(粉薬を溶かすのに都合いい)

私は今まで朝食べなかったが、味噌汁の具だけ

余ったら食べるようになった。

食べる量は、皆、少しずつ減っているけど、

毎日必ず、肉か魚と

その倍くらい野菜を食べるようにしている。

. 睡眠足りてる?

アルツ真っただ中のおかあさんは、

まだアルツの宣告を受ける前から

不眠に悩み、睡眠薬を処方されていた。

そのお陰で今の主治医とも出会えたのだが、

もはや睡眠薬なしでは「眠れない」と言う。

眠れなくても死にやしない。

などというお気楽な考えは、 

おかあさんにはない。

「寝るとき眠れないのはダメやろう」

なら、昼寝をすればいいじゃない。

とアドバイスしても、

「昼に寝るべきではない」と断固拒否。

今では、昼もウトウトしてるおかあさん。

あげく、夜になると目が冴えて、やはり

睡眠薬は必需品のようだ。

ちなみに私は、一日7時間は寝ています。

とぎれとぎれですが・・・。

. 月日の移ろい

今年、北陸新幹線が開通したのみならず、

ここ富山には、新しい名所が次々開店した。

三井アウトレットモール、コストコ、

そしてガラス美術館。

このどれもまだ未体験な私。


外出好きなおかあさんが、もし

アルツを患っていなかったら、もう

毎日のように外出を催促されていただろう。

しかし、もはやおかあさんはどこに何が

出来て、どんなところかを聞いたとしても、

覚えていられない。

このどこかに行っても、あまりの情報量に

脳はすぐ処理不能に陥るだろうしな・・・。


いやはや。

もはや催促されないし、出かけたくても

すぐ忘れてくれるのをいいことに、

どこにも行かないで不精を決め込む私。

自分の為だけにゆっくり出かける日が

いつか来るのだろうけれど、行って疲れて

あげくの感想は

「人が一杯だった」。になったりして。

. 障害診断

今回はおかあさんではなく、私自身の話です。


左股関節の外旋時の違和感と痛みが気になり、

変形性股関節症のサインかも?と自己判断。

スポーツ障害診断(無料)があるというので

スケジュールの合間をぬって受けてみた。

NPO総合型地域スポーツクラブの事業で、

もちろんほぼ問診だけだが、

当日の先生の話次第では、レントゲンを撮る

きっかけにするつもりだった。


先生は40歳代くらいの男性。私が一番乗りで、

バレエでどういう状態の時痛むかを説明。

で、三つ程仰向けの開脚ストレッチをして、

しびれや痛みの無いのを確認し、後はただ

股関節脱臼とは、変形性股関節とはどういう

状態なのかを図で丁寧に説明してもらったのみ。

お尻と大腿四頭筋をきたえなさいとアドバイス

され、終了。ま、"相談"だからこんなもんか。

レントゲンを撮っても異常は見当たらないかも。

というニュアンスで、大体予想どおりであった。

. 9月検診日(h27)

今月も検診日。朝から小雨で肌寒い。

「今日、行く日やろ」

驚いた。もう着替えも済ませ、

デイに行く気満々のおかあさんである。

残念だけどね、今日は検診日だから

デイのお迎えはないのよ。


あっという間に昼食の時間になる。

風呂も済ませ、食欲満開のおかあさん。

よそ行きのズボンは穿いたまま。

ホラホラ、こぼしていますよ。

点々とシミが・・・。ズボン替えようか。


こんな元気だったのに、おかあさん、

主治医に会ったとたんに静かになった。

問診もアッと言う間に終了。

その後の買い物では、

「もうアンタ、適当に選んで」と

すっかり消極的コメント。疲れたのかもね。

体重47.9キロ、血圧48/88
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>