FC2ブログ

認知症と言えない訳

おかあさんの認知症の事を、私は割と平気で

他人に話してしまえるが、おとうさんはまだ

自分の親兄弟にも内緒にしたままのようだ。

婿であるおとうさんの実家で、祭りや法要

があるとき、お膳をかこんでの酒の席に合う

話題でもないので、言いにくいのだろう。

どう話せばいいのやら。という事だろう。

長女の私が何かとおかあさんの世話をする

ので、おとうさんのストレスは、

前よりは少なくなったと思うし、また、

出来るだけストレスを感じないように

してあげたいとも思っている。

周囲に心配をかけたくないとか、

無為な同情などしてほしくないとか、

おとうさんがそう思うなら、気持ちは判る。


頑張りでがんじがらめにはなりたくないし、

認知症は周囲に隠さなければならぬほど

悲惨なことでもないと、私は思っている。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

頭を打ったから

「頭を打つ」で思い当たる色々なリスク。

その中に、認知症も入るのではないか、

どうしてもその不安感がぬぐいきれない

私は、自分が担当する健康体操の講座で、

軽く後ろにでんぐり返し、あおむけで

足を高く上げ、そのまま頭の先に爪先を

届かせるという、反動を利用した型を

受け身の練習と称してよくやる。

教室のなかでも数人しかやれなかったが、

最近は皆、少しずつ動きにも慣れてきた。
(背中や腰に痛みがある人には勧めない)


TVドラマなどで、背後から教われ

あたまを殴られて気絶するシーンを見ると、

「オイオイ、認知症になるゾ」などと

ついつぶやいてしまうのである。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

10月検診日(H27)

今月も検診日が巡ってきた。

まだそんなに寒くないので、

入浴も混乱なくスムーズに終える。

お昼を食べ終えると自室に引き上げ、

横になっていたのを起こして、

着替えを手伝い、地域センターヘ。

検診もサラッと終え、異常なし。
(血圧はエラーっぽかった、体重47.5キロ)


ただ、その後の買い物で

「アラ、珍しい、久しぶり〜」と

声をかけられたおかあさん。

名前を聞いても誰かわからなかった

ようで、キョトンと突っ立っている。

「私、ボケがひどくなった?」

と、自ら認め、ウチに帰ってからも

「ああ言う時は判っているフリした
ほうがいいよね」

等と、何度も今後の対策を練っていた。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

太ったね

最近のおかあさんは凄い食欲で、

ウチで自生している柿やおやつを食べ、

ご飯も三度三度きっちり消化する。

服の重さもあるが、体重も49キロに。

最低体重45キロの時はコケていた

ほっぺも、今ではふっくら元に戻った。

おかあさんは筋肉量も減ってしまって

基礎代謝も少なくなったようだが、

体熱の生産性は良い方で、

食べると「暑くなってきた」と

上着を取るところが頼もしい。


元気なのはいいが、

今度は食べ過ぎが気になる。

あまり胃の容積を増やすと、

食べたのに「食べていない」

と言い出さないか心配である。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

デイのお迎え

「なんで行かんなんのや、面倒や」と

普段からデイに行くのを拒んでいた

おかあさんだが、

最近は私も慣れてきて、段取りも

朝食作り、両親を起こす、薬、朝食、

ちょっと間を置いて着替え。と

スムーズに流れがつくようになり、

デイのお迎えが来る約30分前には

すっかり準備が整っているのである。


しかし、お迎えのマイクロバスの方が

9時になっても来ないときがたまにあり、

そわそわと廊下を行ったり来たり、

「まだかね、おいでんね(来られないね)」

行きたくないと言っていたのが、

打って変わって

待ち遠しい様子をみせたりする

おかあさんなのであった。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR