ぼこぼこ介護

. 私の住む所

国内で今、最も高齢化が進行中と言われる

私の住むN市は、一人暮らしの認知症患者の

割合も多く、そのケア体勢がこのほどNHKで

紹介されたばかりだ。このTVに出演された

M医師に、ウチのおかあさんも認知症宣告を

受けたのだった。

この時のおかあさんはまだ活発に動き回り、

物盗られ妄想が出始めの頃で、口も達者、

今よりむしろ手を焼いていた記憶がある。


TVでは認知症の一人暮らしの女性の日常を

追い、医師と、ケアする役割の各体勢の

専門家達が集まって、その認知症女性への

対応を伝達し、最も良いケアの方法を皆で

相談している様子が映されていた。

身近に理想的な体制があることが判った。が、

この先、ウチの方でも家族全体で、

各ケアの人達を足した総合的役割をせねば

ならなくなっていく。と言う事かとも感じた。


そして、手厚い介護から漏れている人も、

多数いるのだろうな。と思った次第である。

. 生きとし生けるもの

地方新聞に、近隣地域の高名なお坊さんが

随筆を書かれていて、いつも感銘を受ける。

今回は、自分一人で生きているのではない、

人との関係はもちろん、生命あるものに

囲まれ、それらを食べたり慈しんだりして

生きとし生けるものと共存しているのだ。

というような話を、最近の世相と絡めて

わかりやすく解説してあった。


そっか、命、食べているんだよな〜。(今更)

人間、一人で放り出されたら生きていけない。

映画"オデッセイ"はまだ観られてないけど

私だったら、一人では無理です。

そして生きてどこへ向かっているか。

死ですかね。平等にみな死にますね。

して、その先は何があるのかは不明です。

私は死後の世界はあるともないとも言えない。

死後の楽しみに取ってあります。

. これが介護か

おとうさんの入院、手術を経て、

珍しく仕事まで休んだりした事で、

介護とはこういうものかと

改めて実感した。


今まで、おかあさんの認知症には、

どこか少し無関心な面もあり、

できないところは保っておこうと

わりと楽観視していたようだ。

普通の母娘にありがちな確執が

ウチもなかったわけでなく、 

私が今も、夫や子供を持たないのも

意地や抵抗が関係していなくもない。

しかし今は自分の子供に接するように

おかあさんの世話を自然にしている。

おとうさんの今回の入院では、

実際のところ何もできないもんだな。

という思いが沸いて出て、

何か、人生の宿題をこなしている

そんな感じを持った。

. おとうさん無事帰宅

おとうさんはくちびるの癌を取り去り、

昨日無事帰宅した。


午前中、退院許可が下り、迎えに行く。

この病院の駐車場は朝必ず満車状態。

ぐるぐる廻ってたら幸運にも入り口近く

に空きが出て、停める事ができた。

病室に行くとおとうさんはまだ就寝中。

それからさらに色々な検診をすます。

縫った唇はもっと凹むのかと思ったが

とてもきれいに再生されていた。

治療費は後で請求書を郵送するとのこと。


薬局の場所がわからず外に出てしまったり、

ガーゼ等買うのに院内売店を探し廻ったり、

後処理で私は多少混乱し、時間をくった。

認知症のおかあさんはもっと大混乱。

へんな夢を見たと話し続けたり、

「今からおとうさんのお見舞いに行くよ」

等と、言い張ったりしていたが、

午前11時すぎ帰宅したおとうさんを労って

「大変やったねぇ」と出迎えたのだった。

. おとうさん退院の予定

おとうさんの手術は昨日無事終わった。

私は午後1時に病院に行き、少し話して

1時半からおとうさんは手術室に入る。

私は休憩所で、本を読みながら4時半まで

ひたすら待っていた。読み終えた頃

やっと手術が終わり、後は病室で処置。

麻酔が半分残った感じのおとうさんは、

喉の異物感が残るらしく長々と咳き込み、

もがいてしきりに起き上がろうとして、

看護師さんになだめられていた。

私は何もすることがない。

そのうち、回診に来る筈の先生は、

次の手術に入ったということで、

午後5時過ぎになり、私は帰宅した。


おかあさんはようやく風邪もおさまり、

風呂に入れ、臭かった頭も洗ってあげた。

後は熱々の湯たんぽを渡して昼寝を促す。

案じていた留守番も楽勝だった。

ただ、今朝がた4時頃また起き出して

「今、誰か、助けて。と言わなかった?」

などと不気味なことを言う。

「空耳ですよ」となだめておいた。


今日は午前中確認してから迎えに行く。

おとうさん、無事退院できればよいが。
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>