FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 洗面器

おかあさんがデイの日は、毎回必ず

熱いお湯に浸したタオルで、

顔を拭いてもらっている。なので、

おかあさんは、洗面器とタオルを

見ると、「今日どこかへ行かんなんの?」

と、毎回聞く様になった。

「うん、(デイから)迎えにおいでるよ」

と答えると、「介護の日なん?」と少し

不満そうな表情になる。が、今では

そんなに抵抗することもなく、いつもの

着替えを横に置いておけば、自分で

着替えが出来ている。


おかげで私は、自分の仕事の着替えや

簡単な化粧も出来る。

が、体操のルーティンの確認までは

手がまわらず、有酸素運動は昨年から

ずっと代わり映えしない。

高齢者対象なので、逆にいいのではと、

私も体操を楽しむ事にしている。

. 認知症遺伝子

このほど愛車を車検に出した。

仕事日の朝、車が戻ったと連絡をもらい、

仕事前に受け取りに行く。ここまでは上々。

代車から、ピカピカの愛車に乗り換え、

さあ仕事へ。と、何か座り心地が違う。

「あ」いつも姿勢を正すため敷いていた

クッションを代車に忘れた。

居並んで私の出発を見送ろうとしてくれて

いたモータースの方々の前を横切って、

代車にとってかえす。

「いゃ、最近、何かひとつ忘れるのよね」

さて、改めて出発。お店の皆さんが一斉に

お辞儀をしてくださる。

しばらくしてふとバックミラーを見ると、

モータースの方が追いかけてくる。「?」

停めると「代車にお忘れでした」と

ケースに入ったメガネを届けてくれたのだ。

何か必ず忘れるの。と、また苦しいウケ狙い。


認知症の遺伝子というのがあるというのを、

何かで読んだが、私がそんな遺伝子を

おかあさんから受け継いでいないことを、

祈るばかりなこの頃である。

. 体重測定

おとうさんは肺や心臓に水が溜まり、

それを抜くため入院した。

そして退院したら、むくまないよう気をつける

ように言われ、毎朝体重を計る様に指導された。

ウチにはまともな体重計は一つしかなく、

私が持っていて毎朝自分の体重を計っている。

いつも、私が計ってから、体重計を下まで

持っていくことにしている。

この体重計はデジタルで、体脂肪率とかも

計れる物だが、誤差もある。

裸足で乗るのと靴下を穿くのとでも違う。

おとうさんはいつも靴下を穿いて乗る。

確か、素足よりは1〜2k多く出るはずだ。

入院前57kあったというおとうさんは

今や50kを切ってしまった。

身長は155そこそこなので、そんなに

ガリにも見えないが、確かに腹はへっこんだ。

薄味の食事でも文句を言わず食べてくれている。

. おとうさんは病気

朝っぱらから、暴言の青蚊さん(?)が出現。

「おとうさんは、K(実家の苗字)に帰れ・・、

そんな勝手な事ばっかりするのなら。

黙っ〜て、判っててやっとるのやろう・・・」

アレ、昨夜薬をあげてない?そんな筈ないが。

聞いていると、おとうさんが朝になっても

ずっとベッドで寝ているのが我慢ならぬ様子。

「おとうさんは病気なんやから、

無理させたらあかんよ。肺と心臓に水が

溜まるし、よく寝なくちゃあかんのよ」

私が割って入る。

「あっそう、そう言う事はね、ちゃんと

判る様に説明せなあかんやろ」

すぐトーンダウンしてくれたおかあさん。

「オラは入院しとったやないか」ようやく

おとうさんも力なく応戦。

「入院しとった。。」もはやお忘れの様子。

アナタ様は忘れる病気だしね。もはや

「ウチは誰も病気でないから良い」との

おかあさんの自慢も、虚しいだけですよ。

. 真夜中の貞子

深夜番組で、"リング"の新作(?)をやっていた。

お貞さんが井戸やTVから這って出てくる、

アノ怖いやつです。(正確なタイトルもはや不明)

ウトウトしながら待っていたが、ようやく

始まった頃には、ものすごく雨足が強まり、

ドーンと音を立てて滝の様に降ってきた。

ボリュームを上げてもセリフがよく聞こえない。

怖い映画は大抵、画面は常に真っ暗な感じです。

結局、何がなんだか流れがよくわからない。

そしてついウトウト。気づいたら、もはや

エンディングの音楽と配役が流れている。

あーあ。と思い、体を起こしたら、「ダーン!」

効果音とともにお貞さんがつかみかかって来た。

おっとビックリ。"3D"とあったのはこのことか。

これでリングを観た感がバッチリ。目もパッチリ。

そして、ウチの貞子ならぬ認知症のおかあさんは、

ものすごい雨にも安眠され、朝になって階段を

這い上ってくることも、なかったです。

あ、階段は貞子じやなく、伽倻子だったっけか。

次にはこの二人が戦う映画が公開されるとか。

最近のホラーは何処をめざしてるのやら。
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>