FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 後期高齢者は75歳から?

どこかの週刊誌に、今の65歳からを後期高齢者

と呼ぶのは失礼だから、後期高齢者は75歳から

ということにして、60代はまだまだ現役で

働いてもらおう。と、誰かが提案した。と

書かれているのを立ち読み。それに賛否両論の

声があるというが、そりゃそうだろう。


60過ぎたら、健康体力の個人差が格段に広がる。

一見元気はつらつに見えても、そこはやはり、

若い時とは違うと私は思うが、そうは言っても、

これからますます、老いて悠々自適とは行かず、

生活に困窮する人も増えると予想されるから、

老い先を楽しむ余力を保ち続けるというのも、

なかなかに大変な世の中になったものだ。

. H29.(父)検診、他

昨日は、おとうさんの検診日。

あまりに雪がひどいので、一人で行くと言われた

が、私が車を運転して行くことにした。


採血など検査をした。他は、変わり無しというか、

無理に動かなければ低め安定といったところか。

心房細動の薬(エパキュース)他、

たくさんあまってしまった薬があるようだ。

一日3回飲まなければならない薬は、

つい飲み忘れがあるらしく、薬局のほうで

一包化してもらうように指導されたが、それは

とりあえず次回からということになった。

薬の種類が多いので、飲み忘れは無理も無いと思う。

//体重50.85キロ、血圧124/57 脈67


どうやら、今朝もガレージ前の雪と格闘しなければ、

仕事に出られない。幸い、"ママサンダンプ"が、
(除雪用の、巨大で赤いプラスチック製スコップ)

裏口に用意されている。これで除雪も少し楽だ。


おかあさんはデイサービスに参加させてもらえる。

. 雪の難は続く

23日の朝起きると、なかなかの積雪だった。

除雪するしかない。雪が降り続く月曜日。

スコップで一生懸命除雪するが、即、限界。

ガレージ前に雪を残したまま、ギブアップ。


夜のバレエの帰りも、車のフロントガラスは

凍り付き、ワイパーも効かず前が見えない。

ヒーターをガンガンに入れるも、すぐ溶けず、

とても怖い思いをした。その上、バックで

ガレージに入れる際、除雪しきれなかった

雪にタイヤをとられて、まさかの立ち往生。

スコップで車の下の雪を搔き出す事、5分。

もう玄関先だったのが、不幸中の幸いか。


今週は、火水木金と、続けて午前中仕事に

行かなくてはならない。今朝も引き続き除雪だ。

午後からは、おとうさんの検診の送迎もある。

ちょっぴり老いを自覚するも、負けん気が沸く。

身体は、どっこも痛くないのが、ありがたい。

. 奇跡は続かず

土日は、天気予報では大雪という話だったが、

奇跡的にほとんど降らず、したがって、

休日は十分身体を休めることができて、

神に感謝をしていたのだが、

今朝がたは、しっかり積もっており、

やはり早朝からの除雪をよぎなくされる。

"ママサンダンプ"と呼ぶ雪かき用の道具が

長年の使用で割れてしまい、今年はあまり

積もらなかったので、油断して買い換えずに

いたものだから、小さなスコップ一本で、

たった一人、雪に立ち向かわねばならず、

朝から難儀な週明けである。


しかし、雪が少なくてこれだけ大変では、

大雪の年などは、どうしたものだろうか。

. 熱帯部屋

両親共元な時は、ウチは節約の為、

暖房を極力使わなかったように思う。

しかし、今やウチの居間は暑い。

もう、熱帯地域のように暑い。

もしかしたら、夏より暑い?まぁ、

それは言い過ぎか。

おとうさんが心不全になってから、

ウチの居間は、異常に暑くなった。

エアコンと、石油ストーブの両方共、

ガンガン点いている。

あまりに暑くて、食事中常に発汗。

痩せるかも? って、それはムリ。
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>