ぼこぼこ介護

. 自分を誉めたい

(H29.9月)検診日は戦場。

検診日は金曜日4週ごとで、今月は2回あった。

最初は9月1日で次が昨日だった。朝から鬱陶しい。

朝飯の支度、洗濯、風呂を洗う、廊下を簡単に掃除、

そして洗濯物干して、両親に朝飯を食べてもらう。

それから自分の支度をして、車で5分の体育館へ。

軽体操の仕事で、体を適度に動かすので、終えると

却ってスッキリしている。というのが救いです。

急いで帰ってから、カラスの行水の入浴をして、

すぐさまおかあさんにも風呂に入ってもらう。

おっと、お尻に"くっつきベンちゃん"が居ないか、

確認しなくては。紙パンツにはやらかしてあった。

昼は盛りだくさんの具を入れた煮込みうどん。

おとうさんが食事中に時々むせるようになったのが

少し気になる。主治医にも言った。心臓に負担が

かかるので、汁ものはとろみをつけたほうがいい

かもしれないとのこと。後はおおむね変わりなし。

薬は分包に時間がかかるので、届けてもらった。

と言う感じで、やーっと両親の検診今月も無事終了。

お疲れ、私。

. 空き部屋の憂鬱

ブログを書き始めて、何年経ったのだろう、

思い起こせば2013年10月に設立したのでした。

この間、あまり書く事に困らなかったので、

ほぼ毎日、続けて来れた。おかあさんの認知症の

次には、おとうさんが心不全になって、さらに

書く事は増えた。のだが、最近、ブログを書いて

いると、この状況はいつまで続くのだろうという、

憂鬱な気持ちになってしまうことがある。


話は変わるが、ウチはムダに部屋数が多く、
(ここ富山ではあたりまえだが)

使われない部屋は、物置と化している。

そこは、もはやほとんどほったらかし状態だ。

だれか手伝ってくれる人でもいれば、まだまし

なのだろうが、そういう人も見込めないので、

さらに憂鬱は増して行くばかりだ。


. デイの交流会参加

昨日、おかあさんが利用しているデイでのイベントに

初めて参加してみた。

「介護技術を学ぶ」というタイトルで、介護ベッドや

車いすから、介護者がいかにすれば楽に介添えして、

患者を移動させられるか。というノウハウを学ぶもの。

私も患者役になったりして実践したが、できれば

この先、このようなベッドなどは借りなくてすむよう

にと、つい願ってしまった。

その後、アロマを使った手指マッサージの講座もあり、

匂いがわからない(頭を打ってから、全く感じない)

おかあさんも、このオイルマッサージ(私がした)は、

眠くなる程、ゆったりとリラックスしていた。


とても内容の濃い今回のデイの交流会だったが、

終了は12時を超えてしまい、おとうさんのお昼もあり

参加者の皆さんとの、介護者どうしの会話や交流が

ほとんどできなかったのだけ、ちょっと残念だった。

このような会には、できればまたおかあさんと一緒に

また参加したいと思った。

. 4年経過したバレエの件

久しぶりに趣味のバレエのことを書きますね。

今までブログには書いてこなかったものの、

60過ぎのこの手習いは、敷居が高過ぎたかも。

趣味を断捨離しようかなと、幾度思ったことか。

でも、続けていますよ。気分次第でサボルけど。

この間は、ドガの"踊り子"の絵にあるような、

チュールのロングスカートを穿かせてもらい、

しずしずとフロアを歩き回りました。こういう

スカートは、中に熱がこもって暑いことも発見。

衣装をつけ感覚を楽しみ、音楽に乗る事も大事。

そういう、先生の気配りがありがたかったです。


もう4年も経ったけど、あんまり上達しない私。

そんなでも、レッスン着を4着も持っています。

決して安くはないものを買うことによって、

辞めたらコレがムダになるから。と自分に

言い聞かせ、レッスンを続けようという魂胆。


介護していたって、今したいことは出来るうちに

積極的にやろう! と、思っております。

. ヒサエちゃんて誰?

早朝台所にいると、おかあさんが入ってきて、

「T(地名)のヒサエちゃんが結婚しないという。
電話をかけなきゃならないけど、どうしたもんかね」

いきなりそう言われても、何の話かわからない。

「ヒサエちゃんて誰?」と聞くと、「ウチの親戚じゃない」

と言うが、そんな名前は初めて聞いた。

「だってその人若い人なんでしょ?そんな若い
親戚なんて、もうウチにはいないでしょ」

そうさとすが、

「いや、そんな若くないから。アンタよりは若いけど」

「いつ電話があったの?」半信半疑の私に、

「電話かかってきとるのよ」と、ゆずらぬおかあさん。

そういうが、早朝の4時にそんな電話がある筈もない。

「夢をみたんでしょ、もう気にしないで寝たら」

そのまま、まだ何かブツブツ言っているおかあさんを

置いて部屋に戻った。おかあさんは昔、長い事

お仲人をしていたから、その時の記憶が戻ったのかな。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>