FC2ブログ

三度三度の料理もね

食べ物の添加物は結構気にする方だ。

今までコンビニ食とか、スーパーの総菜とかを、

あまり食べたいとは思わなかった。

が、介護生活に入ってから、コンビニの総菜等

出来合いのものもたまに利用するようになった。

さすがにまだ、お弁当などには手を出せないが、

近くのファミリーレストランに、両親を食事に

連れて行くなんて、却って手間なくらいだ。


食欲がない時も両親のものは作らねばならず、

何を作る気にもならないことは多々ある。

郵便受けに、下処理した食材を調理方法付きで

宅配してくれるサービス業者のチラシが、

入っていた。もう少ししたら、

こういうのも利用してもいいかもしれない。


いや、便利すぎると、却って飽きるかな。。。

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

まだボケていないよ

「回覧板を持っていったの」と、玄関から

戻って来たおかあさんが言う。

「え?、よく、持って行けたね」驚く私。

「(回覧先で)私とは気づかれなかったみたい」

まぁ、痩せたし、ポロポロの見た目ですしね。

「私そんな年取ったかな?」と言われ、笑う。

「いやもう、年取るのはあたりまえでしょ」


一つ気になることが、

「おとうさんは、その回覧板を見たのかな?」

「おとうさん、どこいった?」逆に聞かれる。

「んー畑じゃない?回覧板の事、知らないん
だったら回覧の意味ないよ。見せてないの?」

「わからない。えーどうしよう。困った」

「いやもう遅いけど・・・」

という話に終始して、昼ご飯作りも終えた。

結局、おとうさんは回覧板を見たという。

それで、この一件も無事、終了。

まだポケていないよ。と、言わんばかりに

胸を張るおかあさんが、カワイイ。

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

セイヨウオトギリソウ

両親の検診に付き添い、日中アタフタしながら、

買い物も済ませて、薬をもらってようやく帰宅。

そして、夕食後早々にフェイドアウト。(笑)

一夜明けて、おとうさんの薬の説明書を見ていると、

"セイヨウオトギリソウ
(セント・ジョーンズ・ワート)"含有食品を一緒に

とらないで。と書いてあるのを発見。ん?何コレ?

さっそく検索してみたら、ハーブらしい。

同名のハーブティーやサプリメントがあるようだ。

時折、薬局の人が薬を配達してくれ、おとうさんが

受け取っていた為、今まで薬の説明書を見なかった。

薬と一緒に食べてはいけない食品。と、あると、

ちょっとドキッとするし、それが聞いた事もない

ものだと、さらに困惑しますね。


一方おかあさんには、今までの興奮を抑える薬2種

から粉薬を止めて、眠剤を出してもらう事にした。

主治医が薬を大量に出す先生じゃなくて助かる。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

お口のケア不十分

27日は両親の検診日。あーまたこの日がやってきた。

朝から色々めんどくさいことだらけ。

仕事から即帰り、昼食の支度と同時におかあさんを

風呂に入れるのに、30分くらいしかない。

昼はパスタと残り物を適当に出しておしまい。

そんなこんなで、午前中をバタバタ過ごした後、

地域センターへ、GO!


おとうさんは今回、心電図とレントゲンを撮ったが、

今のところ病状は安定しているとのこと。

問題は、おかあさん。「顔が晴れている」と主治医

に指摘され、前歯が一本、ぐらついているという。

おかあさんは「痛くない」と言うが、

「もうグラグラで抜けそうですよ。誤飲すると
いけないので、早めに歯医者に行ってくださいね」

う〜ん。来月は、結構予定が入っているなぁ。

歯医者は一回で終わらず、通わなくてはならない。

難題がまた一つ。それにしても、人の口の中と

いうのは、苦手だなぁ。皆どうしているのかな?

介護大変〜!?な件

昨日の楽天的な話に対して、大変な話も書こうかな。

でも、実際は大変というより、色々めんどくさい。

それと時折、先行きが見えなくて落ち込むくらいか。


私が実家にUターン帰省したときは、両親から、

古い言葉で、"パラサイトシングル"扱いだった。

まぁ、そのとおり、絵画制作という金にもならない

事に没頭し、デザインの仕事はしていたものの、

続かなかった。実入りはとっても不安定だったし。

で、元気だった両親には、そりゃ説教されてました。

当然ね。でも、今は体制が逆転して、居る事に

感謝されています。めでたしめでたし。じゃないよ。


介護って、弱って行く両親が逝くまで見届ける事か。

何年後にどうなる?という見極めがつかないのが、

一番のストレスの元ですかね。

(千春さんコメントありがとうね)

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR