FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. インフルエンザはご勘弁

20日くらいから、私は喉の痛みを感じ、

本格的ではないものの、これは風邪かなと

ずっと気をつけている。

両親の方は元気で、昨日インフルエンザの

予防接種も、今月の検診も、無事終えた。

ミゾレ混じりの雨が降り、日々寒くなる。

私は、風邪でも寝込む訳にはいかない。


できれば私も、予防接種を受けたいところ

だが、今年はワクチンが不足していると聞く。

今まで、ほとんど風邪などひいたことも

なかったのに、なんだか不安だ。

が、これも気合いで乗り切るしかない。

市販の風邪薬を飲んでしのぐ事にした。


. 介護者は楽じゃない

おかあさんは認知症なので、ひっきりなしに

私の在宅を確認する。なので、二階自室での

絵画制作は、頻繁に邪魔が入り集中出来ない。

やっと入選した、アートフェスタでの搬出時、

審査員の先生方から、激励の言葉を貰った。

今後も制作を続けようと心に誓った(単純♡)。


介護中は、色々自分のしたい事に邪魔が入る。

それが現実なのだが、この事を、親しい友達に

訴えても、「頑張ってご両親を支えて行ってね」

と言われるばかり。

自宅での介護経験がない人の言葉は、

社交辞令感満載で、私は全然スッキリしない。 


つくづく認知症介護仲間との交流が欲しい。


いつの日か、この我が家を、そんな交流の場に

開放したいと、密かに画策している。

. 真夜中父を探す母

「おとうさん、おとうさん」と、おかあさんの声

真夜中なのに、引き戸がゴロゴロと開く。

押し入れにおとうさんが入っているとでも、

思っているのだろうか?様子を伺いに行こうか

迷ったが、そのまま寝てしまった。昨晩の話だ。

誰でも、寝ぼけることはあるが、認知症の

おかあさんの寝ぼけ方は、ひと味違う。


今朝方は、居間に電気が点いているので、

おとうさんが早起きして、血圧測定でもしてるのか

と思ったら、おかあさんがお出かけ着のまま 

コタツにもぐりこんで、寝ている。

今朝も、おとうさんが居るか心配で、おとうさんの

部屋の隣の居間まで来て、コタツ寝をしてしまった

のだろうか?おかあさんの部屋にも灯りが点いてる。

コタツに入っているから、暖かいのだろう。と、

そのまま見過ごすことにした。どうせもう朝だ。

. 久々の休日

私が出品して、入選した

アートフエスタに、友達が来てくれた。

今回は出品者が多く、私の作品は二階に

展示されていた。

意欲作が多く、刺激をもらえた。


その後、今年新しくオープンした

富山県美術館にも足を運び、

久しぶりに休日を満喫できた。

友よ、ありがとう。


その後、銭湯で、汗をながした。

久しぶりに、介護の日常を

忘れることができた一日だった。

. 私が居るか確認する母

おかあさんの認知症は、さほど進行していない

様に、見受けられるかもしれないけど、

とにかく、しょっちゅう私が在宅しているか

確認しに、二階の私の部屋まで覗きに来る。

正直、ウザい。


しかし、足腰を鍛える手段として、この毎回の

階段登りは、重要だとも思う。


昨日の朝はコタツに入る際、寝具に足をとられ、

転んでしまった。こういうのが、危ない。

歩けなくなったら、それで寝たきりになり、

介護側の負担も倍になる。


そうならないことを祈るのみだ。

おかあさん頑張って。(おとうさんもね)

B男さん、コメントありがとうございます。富山のF町は福野と福岡町の他に、
福光町というのもありますね。
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>