FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 一人ではどうにも

仏間の来客用の大きなコタツを、やっと片付けた。

開いた所には、これまた重い

ガラスの大テーブルを持ってこなくては

ならないが、一人ではどうにもならない。

もうすぐ来る妹夫婦に、手伝ってもらう事にする。

二階の踊り場の電気も、まだ完全に付かなくて

見栄えが悪いが、これも背の高い甥に頼むつもり。

一人ではどうにもならない事が増えてきた。

外の人手を頼む事も増えると思う。

それにはお金もかかるだろうから、今から少しずつ

蓄えておこう。あまり旅行等もしないから、

なんとかなるだろう。

もう4月も終わりか。

. 母の食事風景

おかあさんの困ったところは、

ご飯時、ものをポロポロこぼすことだ。

おかげで座っている側のコタツの上掛けは、

染みだらけでガピガピになっている。

一応、ご飯にはお箸、お汁にはスプーン

を出す。今もお箸で食べられるが、左手を

お茶碗に添えたり、お茶碗を口元に持って

きたりを忘れるので、お箸でものを口に

運ぶ途中にポロッと落ちてしまうようだ。

タオルを数枚上掛けに置いてはいるのだが、

狙い澄ましたように、上掛けのところに落とす。

サンドイッチをスプーンで食べようとしたりも。

でも、とりあえずはまだ食べさせなくても、

自分でご飯を食べられるのがいいところだ。

上掛けは洗濯もきかなくなったら捨てればいい。

. 母も介護をしてた

日常的には、そんなに変化がない日々が続く。


何故か、大お婆ちゃん(私の曾祖母)の事を

思い出した。大お婆ちゃんは、私が高校生の

頃亡くなった。87歳くらいだったろうか。

最後は、部屋に敷いた布団に寝たきりだった。

その部屋に入ると、足の裏にザラッとした

感触があったが、掃除をすることもなかった

のだろう。両親も若くて共働き真っ最中だった。


結局、最後はようやく病院に入院して、甲状腺

の癌だと判明したが、亡くなったのはウチの

部屋だったかもしれない。私はその頃下宿して

家に居なかったのでよく覚えていない。

でも、一応おかあさんも、在宅介護してたんだ。

働きながらね。


そういう事も、今は確認出来なくなってしまった。


. 疲労回復踏ん張り所

一昨年と昨年、春におとうさんは心不全で

倒れて、救急搬送され、入院したが、

今年はなんとか無事に過ごしてもらいたい。


今月号の婦人公論に、認知症とその介護が

特集されていた。

症状の出始めから段階をふんで、終えんを

迎えるまでの介護側の気構えなども、

掲載されていた。


両親とも、いつか別れる日が来るのだな。と、

改めて思う。

今、在宅介護は、正直キツくなってきている。

それでも、体調はなんとか戻ったし、

好物を選んで食べたので痩せもしなかった。

その代わり、レトルトや総菜など

手を抜けるものを買うクセがついた。

私は、元々身体に抵抗力があるほうなので、

風邪気味でも、倒れるまでにはいたらない。

今回の事で、状況に負けない為には、気力が

大切だなと思った。未来を諦めてはいけない。


*体調を心配してメールをくださった皆様へ
どうもありがとうございました。もちなおしました。

. GWだけどなー

毎日特に変化もなく、もうすぐGWだ。

おかあさんは、連休に妹夫婦が来るのを

心待ちにしている。

おとうさんは、連休に神社の仕事をする。

そして、私は、連休にまた一つ年を経る。

4日は両親と妹達は、毎年恒例の

一泊温泉旅行へ。私はたった一晩だけの

一人の時間だが、次の日のお昼過ぎには

もう皆帰ってくるので、掃除やら何やらで

時間を取られて、結局何も出来ないかも。

まぁ、連休といっても、こっちは毎週連休が

あるようなもんだが、時間をさいて熱中する

ものもないので、ただ時間が過ぎて行くだけ。

充実した生活を送るのがこんなに難しいとは。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>