ぼこぼこ介護

. 運命論にもの申す

YouTubeで”スピリチュアル○○”某が、

「あなたの運命は、天に導かれている。

キラキラ輝く人生を送れ」等と言ってた。

その話の先に、私が介護をしているのも、

「天が私の為にくれた人生のプレゼント」

だとかいう話になってしまうのが、正直、

納得しかねた。うさん臭い宗教団体が金を

巻き上げる為の話に繋がりそうな気配だ。

そしたら、認知症になったおかあさんは、

天のブレゼントで認知症をもらったのか?

私の人生の勉強の為に、おかあさんは存在

していて、認知症も、彼女が選んでなった?


いや、それは違う。必然ではなく、偶然と

私は思う。運命論に振り回されて、気負う

なんて、バカらしいよ。


. 物忘れ、ど忘れ

「最近、すぐ、それまでやっていた事が
何だったか忘れるの」

「そうそう、こないだも、二階へ行って
はて、なんで私ここに来たやらって・・」


そんなことを盛んに、体操教室のメンバー

さん達が話していた。

しばらくすると思い出し、作業に戻れるのは

認知症とは違う。

この私も時折物忘れがあるし、困ったことに

体操中のど忘れまでやらかす。

あれ、これさっきやったっけ?とか。

右ではやったけど、左はやってなかったとか。

今はまだ笑ってごまかせる範囲なのだが、

年は取りたくないもんだね。と、メンバー

さん達と一緒に頷きあう今日この頃です。

. 認知症の現実

早朝、何度も「食べるものはあるのか」と

確認に来るおかあさん。


腹が減っている訳ではないらしい。

その証拠に、朝ご飯はあまり食べない。

ここまで認知症が進んでいない数年前は、

「私をお買い物に連れてってよ!」と、

再三言っていたが、そのなごりのような

気がする。

今では多分、一緒に買い物に行っても、

買い物の意味すら、失われている。

棚の品物にも興味を持たず、ただどこまでも

カートを押してまわるだけ。

哀しい現実である。

. いいやら悪いやら

お母さんが認知症になってしまって、今は、

悪かった事もあれば、かえって良かったかなと

思う事もある。

悪かった事は、何度か書いている通り、

何も出来なくなって、手がかかりまくり、

使いモノにならなくなっている事ですかね。


が、もしおかあさんが認知症にならなかったら、

それはそれで、キツい事態が起きていただろう。

私と彼女は元々相性が良くないので、

多分、私は目の上のタンコブの様な存在であり、

いちいち干渉されまくりの生活だったろうから。

逆に、もし私がおかあさんと仲良しだったら、

認知症を受け入れられなくて、対応もうまく

出来なかったかもしれず、難しいところだ。

. 運動と笑みの効果

アルツハイマーを防ぐ生活習慣として、

軽い運動を、週1日でも続けるのが良いと、

ラジオで大学の先生が話しているのを聞いた。

しかも、楽しいと思いながらやると、さらに

脳内に”アミロイドベータ”を溜めない効果が

上がるという。
(この物質が脳に蓄積して、アルツハイマーを
発症するとされる)

その運動も義務としてイヤイヤやると、

逆効果だというからおもしろい。

そういえば、私も仕事の体操指導のさい、

ウチでの心配事などを引きずって、気分が

乗らないときなど、あえて口角を上げて笑みを

作るようにすると、不思議に気分も上がり、

終わる頃には、気分もスッキリ晴れている。


笑いとか、楽しい気分とかは、よく効く薬ですね。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>