FC2ブログ

自分の為に何もしていない

朝方、めっきり冷えるようになってきた。

今日は仕事の後、おかあさんを検診に連れて行く。

淡々とすべきことをこなすと、後は何もする気が

起きない。というショボイ毎日になりつつある。

自分の為に時間を費やそうと考えても、両親の事

があって、まるで、着衣の裾が引っかかった感じの

生活が続いている。仕事休みで連休があっても、

旅行、遠出、帰宅が夜遅くなる外出はできないと、

ハナから諦めがあるし、お誘いも全くない。

体操のメンバーさんが楽しそうに、旅行に行く話

などしているのを耳にすると、羨ましい限りです。

あ〜、一人暮らししたいなぁ。

そうね、旅行は九州一周とか行ってみたいわね。

スケッチブック持って。いつかそんな日が来ると

いいなぁ〜。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

来客疲れ

昨日は、次々と来訪者があり、疲れてしまった。

まず、おとうさんの介護認定調査の為、9時ピッタリに

地域包括センターの女性が一人見えて、おとうさんの

様子を確認したり、色々な質問をしていかれた。

私も同席して、無事終わり、結果待ちという事である。

それから、おかあさんが今回要介護3に上がったという

件で、ケアマネさんがすっ飛んで来られた。

そして、今までより利用費が上がるということと、受け

られるサービスも増えるので、検討してみてくださいと

言うことを説明された。それが終わってしばらくして、

NTTの人が来ている。と呼ばれたので下に降りて行くと、

地域の衛星通信TVの人で、ここいら一体は近々光ネット

に変わるので、インターネットをするにはウチが一番

お安いですよ。ということだった。一番安いのなら変え

ようかな。もう来客疲れで頭が真っ白になっていた私は

安易にそう答えてしまった。が、その人が帰って、よく

考えたら、もう高い代金を払ってプロバイダーとNTTに

この間光ケーブルに変えてもらったばかり。いくら工事

は只だと言っても、意味ないのである。アホや私。

今度下の電話工事に来られたら、上は必要ないと言って

断ろう。通信速度も問題ないし月の費用も割引期間中だ。



テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

父の為書類集め

おとうさんの介護認定の為、調査の人が今日来る予定だ。


昨日の朝仕事前に、必要書類を役場で書いたり、もらって

来たりした。おかあさんの時にも、やっていた筈だが、

あまり前なので忘れてしまっていた。

その時、市の介護連携ガイドブックをもらって来た。

これまた、おかあさんの時にももらったが、中をほとんど

見ていなかった。おかあさんの要介護度が3になった事も

あって改めて見直してみると、要介護1の時は借りられない

徘徊探知機器とか特殊寝具(リクライニング)とか、車椅子等

が、貸してもらえるようだ。まぁ、今すぐおかあさんには

必要ないが、おとうさんの認定度次第ではサービスを受けて

楽に生活してもらうのもいいだろう。また、地域ごとの支援

センターの地図や電話番号なども載っている。生活支援は、

軒並み65歳以上の世帯のみ該当と、こちらはちと厳しい。

また”ともいきカフェ”なるものがあって、こちらは介護者や

その家族の交流の場として、喫茶店を解放しているようだ。

近隣の町に一軒あるが、仕事の曜日と時間があわず、残念に

思っていた。他にもあるなら訪れてみたい。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

父も介護認定を希望

おかあさんは要介護3になっても、今までとあまり

変わらないウチでの暮らしぶりである。


おとうさんも要介護の認定を受けたい。との希望が

あった。それには、主治医に意見書を書いてもらい、

認定調査を受けて、介護保険組合に申請するのだが、

しかし、今年の介護認定期間は今月末とあるので、

色々間に合うか不安だ。(おかあさんの書類なので

違うのかもしれません)

もしかしたら、足が不自由なだけで頭の方はしっかり

しているおとうさんなら、要支援の範疇になるかも。

(心不全&睡眠時無呼吸で夜間酸素吸入中だけど)

なにはともあれ、おとうさんに自分でやってもらう

のは無理なので、私が動かねばならない。

こんな時に限って、ケアマネさんはお休みである。


せめて先週、定期検診の時に相談してほしかったな。

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

いきなり要介護3に

18日付でおかあさんの要介護認定の通知書が届いた。

おかあさんは、認定開始から今までずっと要介護1の

ままで、どうせ今度もそのまま据え置きなのだろう。

そう、軽く思っていたら、いきなり要介護3となって

いたので驚いた。ちなみに1は部分的介護を要する。

で、2は軽度の介護を要する。そして3になると、

中等度の介護を要する。と、ある。中等とはなんぞや?

認知症というのは、何もかも判らなくなるのではなく、

いわゆるまだらボケの状態が顕著になっていくもので、

おかあさんは、排便や、風呂桶に浸かるなどの行為や、

階段を上がることはできる。ただ、食べていることを

途中で忘れたり、深夜の(家内)徘徊に近い行動が見られ、

時間や季節の概念がなくなって、着替えも手伝いが必要。

主治医も変わったことで、これらの話が重く捉えられた

のかもしれない。4になるともう寝たきりに近い状態に

なるので、なんとかこのまま推移していただきたい。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR