FC2ブログ

ぼこぼこ介護

. 60過ぎて両親介護の実際

齢60を過ぎた私は、何事もガタッとやる気が落ちた。

もともと面倒くさがりの方だったが、最近とみにその

傾向が増して来た。午前中、仕事をしたら午後は何も

したくない。また、午前中、掃除、洗濯をしただけで

もう、炊事さえ億劫な体たらく。食後はすぐ横になる。  

心不全のおとうさんは、出かける時の準備など自分で

できるが、おかあさんにはそんなことを期待できない。

そればかりか、風呂から上がっても着替えなど見守り

が必要なので、手がかかる。もはや、風呂も着替えも

毎日必要だと言う考えを改め、ギリギリまで保って

おくようにしている。しなければいけないことでも、

腰が重くてサッとできない。が、ウチで動ける者は

私しかおらず、悩ましいところである。とは言え、

一人暮らしだったらもっと何もせず悲惨だったかも。


. 認知症初期症状ウチの例

おかあさんは、仕事を辞めても認知症になる前は多趣味

で、積極的に外に出ていた。

俳句や詩吟等々、特に詩吟は声を先生に褒められたと、

嬉しそうに言っていたものだし、発表会にも出た。

(俳句は若干苦手だったようで、おとうさんに手伝って
もらっていた。)

また、近所のお友達と、電車に乗って富山市まで足を運

んで、展覧会鑑賞などへ行っていた。とにかく、ウチの

中でじっとしているより、外を出歩くのが好きだった。

ところが、好きだった詩吟は、「もう十分。これ以上は

お金がもったいないわ」と言う理由で辞め、お友達との

お出かけも、「あの方も、これからはご主人と一緒に

お出かけされたいみたいだし」等と理由をつけて、誘う

ことがなくなり、遠出もしなくなった。認知症の初期は、

趣味に興味がなくなると聞いたことがある。

そればかりか、県外の妹のところへ出かけた折、道に

迷って保護されるということまで起きる。それでも私と

おとうさんは、当人がおっちょこちょいのせいだと軽く

考えていた。この時なんらかの手を打っておけば、症状

は軽減したのだろうか。今では取り返しがつかないが。


. 朝も早よから

ブログを書くため、いつも朝4時に起きる。その代わり

夜は9時過ぎに、早々と寝るけど。

起きたら、台所でカフェオレを入れる。カフェオレと

言っても、牛乳と豆乳を半々入れたもので、なかなか

美味しく、お腹もゴロゴロしないので気に入っている。

今朝もそれを入れていると、「ご飯を食べましょう」と

おかあさんが入って来た。あれ、さっき確かめたけど、

居間のコタツにはいなかったのに、耳ざとく起きて来た

ようだ。毎朝「ご飯だよ!」と起こしても、朝ごはんには

なかなか起きて来ないのに、珍しい。しょうがないので、

買い置きの菓子パンを袋ごと手渡し、「まだ4時だから、

朝ご飯はもう少し待って、これでも食べてて」と言うと、

コタツに入って大人しく食べている。まだ、コタツには

電源が入っていないが、寒くないので関係ないようだ。

なんだか今朝も、バタバタしそうな気配である。


. 認知症の経過

40代までおかあさんは、和裁や編み物の内職もしていた。

手先が結構器用な方で、色々なことをやっていたものだ。

50代後半の頃、倒れて頭を強く打ち、脳出血を起こした。

それがなかったら、認知症にはなっていなかっただろうか。

それからも、時々小さな脳梗塞を起こしていたようだが、

当人でさえ、見過ごしていた。最近どうもさっき起きた事

を、忘れるようだと気付いても、誰もまさか認知症だとは

思いもよらなかった。それからうつ状態が起き、薬を飲ん

だら、今度はひどく怒りっぽくなった。自分の記憶障害の

事は忘れて当たり散らす。薬を変えてもらって、ようやく

大人しくなる。その薬グラマリールはまだ処方されている。

その時やっと認知症との診断が下った。そして要介護1の

認定。それから早6年が経過した今年、要介護3になった。

もはや、トイレと食べる事以外、ヒマさえあれば寝ている。

何もできない手のかかる存在になって、生きている。

. 寂しいから

おかあさんが、ま夜中に私の部屋の戸を開けて覗く

という事が、今でもよくある。寝込みを襲われてこちらは

大迷惑なのだが、「何、どうしたの?お腹空いたの?」と

聞くと、「何も、寂しいから来たよ」という答えが返って

来る時が多い。この”寂しい”という言語は、イコール”退屈”

に置き換えられると思う。かといって、夜中に起きだして

認知症の話相手をするより、寝たいのが私の心情である。

部屋にも入れずに廊下から速攻、お引き取りいただく。

というか、追っ払う。そりゃぁ、昼間あれだけ寝ていれば

夜は寝れんわ。そんな認知症の頭の中では、色々な物事が

どんどん失われて行く中、好奇心やら興味やらもなくなって

手持ちぶたさだけが残るというね。”退屈”だけは、忘れても

忘れても、しつこくまた沸いて来る気分のようです。

. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>