FC2ブログ

お盆休みも終わる

妹と甥っこ(もういいおじさんだけど)が、旅行の後泊まって行き、

帰った。お盆に来ても、今では手料理を作ったりすることも無く

出来合いの惣菜や、そうめんやパンでごまかしています。いつも

妹たちが両親を一泊温泉旅行に連れ出してくれるけど、夕方から

夜と、次の日の朝、ご飯を作らなくてもいいだけの私。どこかに

出かけて羽を伸ばすには、中途半端な時間なので、ただゴロゴロ

していただけ。それでも、壊れていたと思ってた居間のクーラー

をリモコンのせいだと気づいて、代わりのリモコンを買って来て

くれた甥っこには、さすが男の子だと変な感心をしてしまった。

両親がいつも居る、居間のクーラーが使えて一安心です。


テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

お盆休み中

お盆ですね。お盆になると、体調がすぐれなくなる人、他に

もいらっしゃるかな?私はそんな感じで、昨日お墓のお掃除に

行ってから、何か調子を崩して布団に伏せって過ごしました。

妹夫婦が顔を見せてくれたけど、何もできず申し訳ないです。

今日は、皆で温泉旅行に行くのかなぁ。私は行きません。


それと、メールでタジャリーナ(そうめん)のレシピを詳しく

教えてくださった方、どうもありがとうございました。

材料を揃えて、また作ってみます。もしかしたら同じ町に在住

していらしたのでしょうか?


テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

指示も理解不能

台所に行くと、冷蔵庫の開けっ放し防止アラームが鳴り響いてる。

冷蔵庫の前で、おかあさんが何やら探している。居間からはおとう

さんが、「下の方だ」とか、遠隔指示のまっ最中だった。私を見て、

「何か冷たい物ある?」と聞くので、「もう、おかあさんは座ってて」

と促し、扉の裏にあるムギ茶の入れ物を出して、両親に、よく冷えた

ムギ茶をあげた。最近、認知症の傾向として、おかあさんは、「上」

とか「下」とか、「その先」とか、「手元」等と言っても理解不能だ。

ご飯のお盆を膝の前に置いて、「前にあるよ」と言っても、横の布団

を「これ食べるの」と、つまんだりする。一体全体、脳細胞の回路が

どんな風に混乱をきたしているのかわからないが、ご飯茶碗も、一々

手に乗せてあげないと、食べ進められなくなって来ているのだった。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

参った

毎晩、二階の私の部屋は熱帯夜状態なので、夜通しクーラーを

付けっ放しで寝る。そのせいか、最近体がだるく、体調が悪い。

朝も、今までの様にスッキリ起きられなくなった。仕事の方も、

体育館にはクーラーがないので、体操も結構しんどい。事務所

の方から、クーラーがある一階ロビーでやる様にと指示された。

参加者は半分に減ってしまったが、それでも人が来るのが凄い。

本当に、近年の暑さは尋常じゃない気がする。せめて食べ物で

しっかり栄養を取り、水だけじゃなくスポーツドリンクなども

利用して、両親共々、夏を乗り切りたいと思います。


テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

シュールな光景

居間に入ると、布団が丘の様にこんもり立っている。あまりの

シュールな光景に、吹き出しそうになった。でも造形美とまで

には程遠いけど。ソファに座っているおかあさんに、これは

どうして持ってきたのと聞いてみるが、さぁ?、なんでそこに

あるのかしら。などと言う。しかたなく、布団をおかあさんの

部屋に戻しに行って、朝食の支度を続けた。朝飯が出来たので

おかあさんを呼ぶと、さっきの布団をキノコの傘の様に、肩に

羽織ったおかあさんが、入って来た。うーんなるほどな。そう

いう事か。おかあさんは、居間が暑いのでシャツ一枚で過ごす。

時折、肌寒さを感じたら、手近にあるものを羽織ると言う事か。

しかし、軽めとはいえ、あんなかさ張るものを羽織らずとも。

もう、なんか哺乳類というより、昆虫みたいですけど。。


テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR