FC2ブログ

汚パンツをお持ち帰り

デイから帰宅したおかあさんの後から、

職員さんが、そっと紙袋を手渡して来た。

見ると名前を書いたビニールに入れられた

パンティが入っていて、「汚れものです」

と告げられる。

私がそのまま階段脇に置いて、

二階で雑用を終え、再び下に降りてみると、

おかあさんが首をかしげながら、

紙袋を覗き込んでいる。「これ私の?」

「こんなの穿いて行った? 私、
汚した覚えはないよ、おかしい。変だ」

と、何度も首をかしげている。

汚れた下着はこれまで、ビニールに入れて、

そのままバッグの中に押し込まれていた。

今回は別にしてあったので、隠せず、

結局、おかあさんは自ら川で洗ってきた。

それからしばらく、自分では汚していない

本当に自分のパンツか。などと言っていた。

おかあさんをなだめながら、これでは当分

まだ紙パンツは受け入れないだろうな、

と、思えてくる私であった。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR