FC2ブログ

民生委員さん来宅

26日朝、民生委員さんがウチに来られて、

おかあさんの様子を確認されていかれた。

おかあさんは名前や年齢を、つっかかえながらも

なんとか言えた。練習していたのかもしれない。

年齢は数えだったし、今何月かというのはスルー。

今、季節が秋だということもそもそも念頭にない。

日々時間が、ただボーと過ぎ行くのを表している。

おきまりの、財布や手帳、ハンカチ等見せて、

他の質問をしてからもういちど答える。という

認知症テストも、撃沈だった。

生活に関する質問には、おおむね「はい」と答え、

そのままいくと、なんら支障無く日常が過ごせて

いるように聞こえるので、後で私が訂正しておく。

心不全のおとうさんのこともあるので、今後は、

ショートステイも念頭においていると、話した。

民生委員さんが帰られてから、私は二階に戻り、

少し経ってから下に降りると、おかあさんはもう、

さっき質問を受けた事には関心がないようで、

居間でうたた寝をしていた。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR