FC2ブログ

感性の世界

バレエの所作に、「顔をつける」というのがある。

ポーズによって、"ヘッド"の位置を変える。

習い出して3年目に入ったというのに、この

顔のつけかたが、今ひとつよく判らなくて、

「顔の方向は、この時ここですか?こっち?」等と

先生に質問したところ、「今の質問は愚問ですよ」

とえらく怒られた。「今まで何を見て来たのか、

何も聞いて来なかった証拠」であるとも言われる。

バレエは感性が最も重要であるから、

競技の練習の時のように、何キロ持ち上げるとか、

何センチ前へ出すというのとは、訳が違うという

ことか。と気づいたのは、一日が経過した頃だ。

先生も、その場で突き放して終わるのではなく、

あとで、答えを探れるように指導してくださったが

それは、「身体を引き上げ、自然な呼吸をしたとき

自分の身体が1番美しいところを探れば

おのずと顔はついてくる」。というお答えであった。

う〜んん、感性の世界では、「きっぱり、この位置」

とは言わないニュアンスを、感じとった。

美とは状況に応じて変化するもの。バレエの美は体の

つながりを意識。今更ながら、悟った次第であった。
関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR