FC2ブログ

介護、時が過ぎて想うこと

"ぼこぼこ介護"というタイトルを思いついた

当初(H25年11月)、今後するべき"介護"とは、

さぞかし辛かろう。と、考えていた。


多分、私は介護に、ボコボコにされるに違いない。

そう思っていたから、このタイトルになった。


しかし、現実は少し違った。

私の性格ゆえか、のほほんとしていても、

なんとか日常がすぎていくのに、気づいた。


きつかった日々もあるが、もうそれを反芻して

苦しむこともない。

この先も、想い病むことなく日々を過ごせたら、

それだけで私は、十分幸せと言える。

「ぼこぼこ」のタイトルは、泡のごとく湧き出る、

私の、"日々の想い"とでもいう感じになってきた。

関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR