FC2ブログ

プライベートの話と認知症

お友達の造形作家さんの作品が展示してある

造形展に、15日に行って来ましたよ。


その作家さんの作品も、展覧会も、

とてもステキで、その方(♀)と久々に

まったりした時間を過ごせました。


「今日、お友達と遭うから」と、

しつこいほど事前に断ったのに、

出かける時には、おかあさんが

ドタドタと玄関に出てきて、「どこへ行くの!!」

と詰問されてしまいましたよ。

やっと出かけて、お友達と遭えて、

楽しい時間を過ごしました。友と話するのは、

本当に癒されます。


少しばかり買い物して、戻ったら、おかあさんも

「おかえり」。と、普通なので

安心しました。認知症者との同居は、こんなもんです。

関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR