FC2ブログ

入れ歯と認知症

おかあさんが部分入れ歯を作ったのは、

認知症の出始めだったと思う。(ブログ始めた頃か)

私と一緒に歯の治療をした時、数本歯を抜いて、

その部分が入れ歯になった。せっかく作ったその

入れ歯に、おかあさんは違和感を持ったようだった。

そして、今やその存在はすっかり忘れられ、

消毒水に浸けておかねばならないのに、

ずっと外気にさらされて、もう変形しているかも。

私は、おかあさんの、どの歯が抜けたのかも知らない。


しかし、おかあさんは漬け物など固いものは無理だが、

やさいの煮物も、骨のある魚も、薄く切った焼き肉も

食べるし、お餅やちらし寿司だとお変わりまでして

食べるので、私は何も口出ししない事にしている。

認知症なのに、部分入れ歯なんて作って大丈夫かな?

と、内心思っていたが、なくてもあまり不便そうでは

ないから、結局いらなかったんじゃないかな?
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

お疲れ様です♪

我が家でも、入れ歯に限らず「便利or不便」ってモノに
かなり疎くなってるような(;^_^A アセアセ・・・
「必要or不必要」にも似たり
そう感じる、今日この頃デス(爆)
プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR