FC2ブログ

空き部屋の憂鬱

ブログを書き始めて、何年経ったのだろう、

思い起こせば2013年10月に設立したのでした。

この間、あまり書く事に困らなかったので、

ほぼ毎日、続けて来れた。おかあさんの認知症の

次には、おとうさんが心不全になって、さらに

書く事は増えた。のだが、最近、ブログを書いて

いると、この状況はいつまで続くのだろうという、

憂鬱な気持ちになってしまうことがある。


話は変わるが、ウチはムダに部屋数が多く、
(ここ富山ではあたりまえだが)

使われない部屋は、物置と化している。

そこは、もはやほとんどほったらかし状態だ。

だれか手伝ってくれる人でもいれば、まだまし

なのだろうが、そういう人も見込めないので、

さらに憂鬱は増して行くばかりだ。


関連記事

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR