ぼこぼこ介護

. 深夜にご飯の催促

草木も眠る丑三つ時。には、ちょっと早い

深夜の1時半頃、ミシミシと階段を上がって

くるのは、おかあさん。

私は昨日、朝ご飯を作ってから二度寝して

しまったので、寝付かれず、もうそろそろ

寝ようかと電気を消したところだ。

真っ暗闇のなか、おかあさんが「そろそろ

夕飯にせなあかんのじゃない?」と言う。

おいおい、こんな夜中にまた食べる気かい。

「夕飯はとっくに終わったよ。お腹空いたの?
でも今、夜中の1時だから何も出ないよ」

昨日はバレエの稽古の日だったから、両親の

夕飯を5時前に出したのがいけなかったのか?

そして精神安定剤も、ちょっと早めに飲んで

もらったのが、さらにいけなかったか?

とにかくそのままおひきとり願ったが、私も

それから朝までなかなか寝付かれなかった。

関連記事
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://mav298qq.blog.fc2.com/tb.php/1423-69393ee6
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>