FC2ブログ

認知症ブラックボックス

認知症初期の頃のおかあさんは、キレやすく、

その頃のウチは、ガス台や風呂釜を新しくする

必要があって、おかあさんの目の前で業者の

人が来て直していても、それは忘れてしまい、

「ワタシに黙って皆で勝手に何でもやって」と、

のけものにされた思い込みは頭から去る事なく、

昼夜とわず、私とおとうさんは罵倒された。

また、デイサービスも、「寄り合いに行けるよ」

と薦めたものの、だんだん行くのを渋りはじめ、

「あそこに行くのは、アンタ達が勝手に決めた。

アンタらは鬼か」と、これまた罵詈雑言が続いた。


今、そのような状況におかれている介護家族の

方もたくさんいらっしゃるだろうが、そういう

時期は一過性のもので、認知症が進むにつれて

怒りの感情も収まるから、主治医に相談して

精神を落ち着かせる薬を処方してもらうなどして、

対応していただきたい。この時期はつらいが、

どうか踏ん張ってください。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR