FC2ブログ

誕生日の一幕

もうウチでは、互いの誕生日さえろくに覚えて

いない有様なので、誕生日祝いも全くしなく

なっているけど、まだおかあさんも若くて

認知症にもなっていない時は、プレゼント等は

なかったけど、お祝いっぽい食事をしたりした。

その時くらいの私の誕生日のエピソード。

「アンタの誕生日だから、寿司でも食べに行こう」
(だからアンタ車を出しなさいよ!)

と、おかあさんがイキナリ部屋に入ってきて言った。

私は免許は取ったものの、まだ運転に不慣れだった。

生ものも好きではない。しかも、会計は私か?。

「連れてってあげる」なら、まだ感謝できる

のに、どうしてこの人はこういう言い方をするの

かなぁ。と、おうへい感漂う言葉づかいに全く

気づいていないおかあさんが、当時は嫌いだった。

まぁ、おかあさんは免許を持っていないので、車を

出すとなると、私が運転するしかないが、免許も

自分では取らないで、人に取らせてさぁ。等と、

不満に思ってたっけ。今となったら、おかあさんが

免許持ってなくて、事故を起こさずよかったけど。

未だに思い出す、誕生日の一幕である。
関連記事

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR