ぼこぼこ介護

. 猫の思い出

昔、雑種の猫を施設から譲り受ける機会

があり、その猫と同居していた時に、

猫が何かと粗相をする度、ペシ!と叩いて

パポーンと放り投げる真似をしては、

「そんな事するなら、”ペシパポン”やぞ」

と、その猫だけに使った、お気に入りの

造語を、口癖のように言っていた。

その家猫が、5年あまりで病死した。

私は、ウチの庭に亡がらを埋めながら、

「手間をかけさせて」と、つぶやいた。

ひどい言い方だが、もちろん本心ではなく、

気持ちの持って行き場がなかったのだ。

私は常日頃から、猫に悪態をついていた。

いわば、ずっと心のオリのはけ口に

していたのだった。

猫はもちろん何も言わず、ただじっと

私の顔を見つめていた。その事を今も

思い出しては、心の中で猫に謝っている。


動物って、人間に何かしら教えを

くれている。と、今は、思っています。

関連記事
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://mav298qq.blog.fc2.com/tb.php/1674-b1aec6b8
. プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

. 日本ブログ村バナーは最下部にあります
. FC2ランキング
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
>