FC2ブログ

鬱陶しい認知症介護

空梅雨の様相になってきて、30度近い気温の

日まである。

おかあさんは依然、テーブル代わりの電気を

入れていないコタツで寝ているが、さすがに

おとついあたり暑かった日には、扇風機を

出してあげた。

コタツと扇風機が同居する居間に、私は慣れ

てしまったが、知らぬ人がこの光景を見たら、

何と思うだろうか。


おかあさんは、認知症が進んだと思う。

しかし、私の事はまだ娘と認識しているようで、

私が仕事休みでおかあさんもウチに居る時は、

何度も部屋を覗きに来る。深夜であっても、

何度も部屋の前まで来る。


鬱陶しい認知症介護の日々はまだまだ続く。


*さゆりさん、コメントありがとう。いつか会って話せたらいいな。
お互い元気でいきましょう。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR