FC2ブログ

適当介護でいいの

現在、何が大変かというと、手がかかる認知症は、

何事も、学習され改善しない。というところだ。 

おかあさんは、掃除、洗濯、調理はもちろん出来ず、

今や食べることまでも、促したり、手助けしないと

いつまでも終わらない。


もはや、着た切り雀でほったらかしな状況に、

ウチはなっています。

紙パンツも汚れていない間は、そのまま穿いてる。

このようなおかあさんを妹が一泊温泉旅行に連れ

出してくれた折り、新しい下着や紙パンツの替え

の一部を、そのまま持ち帰ってきた。

私が2回分入れたので、一度着替えてそのまんま

だったようだ。汚れていないからいい。と当人が

言えば、妹も私も「ああそう」で終わる。

姉妹で、心配性ではないところは似ているわ。

関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR