FC2ブログ

早起きしては家探し

おかあさんは早朝3時に起き出しては、ガタガタと音を

立てて階下を歩き回る。何かしゃべっているのも聞こえ、

一体どうしたのかと、こちらまで起きだす始末である。

聞くと、「誰もいなくなった」と言う。おとうさんが

ぐっすり寝ていて反応がなく、部屋も暗かったのだろう。

こういう風に夜中に音を立てることは、認知症初期から

あったように思う。初期の頃は、人影を探すと言うより、 

物や金を探していたような覚えもある。そして、ウチに

「泥棒が入っている」何が無い、これも無いと、騒いで

いたものである。その頃は、まだ認知症だとは思わず、

おとうさんなど「いい加減にせい」と文句を言っていた。

そのうち物盗られ妄想の白羽の矢がおとうさんに移り、

「どこへ隠した、出されま(出しなさい)」と、家の中で

両親は追いかけっこを始める始末で、戸がガタツクほど

力一杯閉められたりしていたな。もう、あんな事も無い。


関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR