FC2ブログ

在宅は薬の管理が有利

在宅介護をする上での利点は、両親の様子をつぶさに見守れるところか。

たまにしか見ていないと、多分、色々とショックが大きいかもしれない。


両親とも介護が必要だと、一番大切なのが、当人たちの薬の管理だろう。

若い頃から、日常的に薬を飲むという習慣がなかった両親世代は、保って

おくと飲み忘れが著しい。特に認知症のおかあさんは、自分ではもう薬を

管理できない。もはや、目の前に置かれた白い皿とパンの識別も危うく、

例えばメモなど書いておいたとしても、理解不能な領域になっている。


こういう時、在宅介護だと介護者側が当人たちの薬の管理ができる。

仕分けして手渡しし、飲むまでを見張る。ウチはそうしているので、ほぼ

飲み忘れはない。たま〜に、私が飲ませ忘れることもあるけどね。(笑)

薬がなかった時の、激昂暴言のおかあさんにはもう戻って欲しくないわ。

関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR