FC2ブログ

介護も7年目になる

認知症と診断されたおかあさんを看てきて、来年で7年目か。

認知症の症状の進行は、ウチの場合、ゆっくりだと思う。

ウチに居て、おとうさんや私と会話したりするのが、進行を

遅らせるのに一役買っているのは否めまい。(安心感は重要)

誰一人知り合いがないグループホームに入ったとして、元々

社交的なおかあさんは、なんとか過ごせるかもしれないが、

娘の私が日々様子見に行かねばならず、却って在宅の方が

結果的に楽かも。と今でも思っている。(状態を把握できる)

たまに逢うということだと、こちらも混乱したり、不安が

増し、罪悪感も感じたと思うが、どうだろう。


年末になっても、日々同じ感じで過ぎていくだけだ。

正月にも、もうことさら何もしません。


関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR