FC2ブログ

猫の記憶

今朝もおかあさんは、午前3時頃、昔飼っていた猫の名前を

大声で呼んでいたので、私も目が覚めてしまった。

しかし、そのまま寝たようで、今回は上の私の部屋まで猫を

探しに来ることはなかった。トイレから出たら、いきなり横

に立っているおかあさんに、ぎょっとした日もある。

おとうさんも、「猫がいない」と、叩き起こされた。などと

嘆いていた。猫が居た何十年も前で、記憶が止まっているの

だろう。とも言っていた。その猫は放し飼いにして居た為、

外から帰って来ると、おかあさんの部屋の前で、戸を開けて

と鳴いたものだが、その鳴き声が耳に残っているようだ。

そういえば昔からおかあさんは、耳ざとい人だったよな。

関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR