FC2ブログ

友のポエム集

介護には何ら進展もなく、ブログのネタも尽きた感があり、もう

書くことも少しばかり億劫になっている、ダメーな私の元に、旧知の

友から、清楚な一冊の本が送られてきた。”愛のポエム”と題された

その本は、我が友が自費出版した、詩集であった。日常の中での幸せや

感謝の気持ちが綴られて居る。彼女とは、高校時代からの付き合いで、

長らく手紙のやり取りをして居たのだが、いつしか手紙も書かなくなり、

会って話をすることもなくなってはや30年以上になる。「10年以上も

音信不通で御免なさい」と、彼女は詫びるが、10年前に会った記憶は

私にはない。。(年賀状を出したのかな?)懐かしくまた喜ばしく、本に

何度も目を通す。連休中にでも会うことができるかな?


関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR