FC2ブログ

年の経り方様々

おとうさんが気にしていた庭の草刈りは、シルバー人材センターへ

手配して、二人の男性が電動草刈り機で一掃して行ってくださった。

センターへは、おとうさん自らお願いしてあったらしく、私が外に

出て見ると、すでに綺麗になっていた。依頼を受けて来られた二人

の方々は、70代〜80くらいか、されども背筋は伸び、細いけれど

かくしゃくとしておられた。このくらいの年になると、身体なども

個人差が出る。先日友人が手紙で”柴田とよ”さんという詩人の話を

しきりに書いて来た。95歳で「くじけないで」という書籍を出版し

150万部も売れ、一億5千万儲けた。と熱っぽく書いてある。彼女

が”ポエム”を自費出版したのも、この人に触発されたようである。

まぁ、長生きしても一花咲かせる例もある。と、友人は大いに希望

を持てたようで、頑張るよすがを得たなら良かった。人生、この先

何があるか判らないものね。お互い良いことがありますように。

関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR