FC2ブログ

大切なもの

本格的に、衣装ケースを出して冬物

を仕舞い、もう着ないものは捨てる。

十分着古していても、捨てられない

ものがある。

愛着とは・・こだわり。思い出。

ただずっと持っていたいものは在る。


おかあさんには、この家自体にも

大いに愛着があるようで、常に

物の置き場所に気を配っている。

何を探しているのか、夜中に

戸棚を明け閉めする音がしたり。


おとうさんは、愛着というのとは

違うが、書類を仕分けして、保管

している。三年書きの分厚い

日記帳を、日々書き込んでいるが、

過去のはどうしているのか。


モノにいくら愛着があろうと、

持つ人にだけ価値があるのが

大半だから、当人が居なくなると

捨てるしかないのだなぁ。


関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR