FC2ブログ

忘れる事記憶に残る事

「仏さんの花を買うて来て貰うたけど、

おっかちゃんは廊下や自分の部屋に

生けてしまわれたな」

おとうさんは、おかあさんがデイに

行って留守だと、饒舌になった。

「N(私の姪の名前)が帰る時も、

友達に会って、バス亭へ送って貰て

そのまま帰る。と、何度言うても、

『知らん、そんなこと初めて聞いた』

と、怒り出すんや・・・」


私もおかあさんに、何度か説明した。

何度も聞き返され、何度も同じ事を

辛抱強く繰り返した。にもかかわらず、

全く記憶してもらえないで、あげく

おとうさんにキレているのが、判明。


一方、デイでの動き回る人、叫ぶ人

等の事は、毎回覚えて帰ってくる。

印象に強く残るのは、やはり

感情が伴う出来事のようである。

関連記事

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR