FC2ブログ

おばあちゃんの記憶

実は、おかあさんは自分の両親を若くして亡くし、

祖母(私には曾祖母)に育てられた。

この話は大分前にも書いたのだが、補足を少し。


この"おばあちゃん"がなかなかツワモノで、

私が産まれる前にも何やら色々なエピソードが

あったらしく、まだおかあさんの記憶にも残っている。


認知症のせいでその記憶もあやふやになりつつあるけど、

そのなかのエピソードのひとつ、

『"おばあちゃん"は、親族(?)から「出て行け!」と、

ヒドく言われていたわねぇ・・・』 ん?、何それ。

何の事やらよく判らないが、幼い(?)おかあさんの前で

親族間の争いごとがあったのは確かなようで、

私もおとうさんも与り知らぬその騒動の中では、

殺す!、殺せ。だのの物騒なワードも登場していた??

多分これは当人最強の、相手を否定するワード。

三つ子の魂百まで。

う〜ん、そこから「刺し殺す」にいったとか・・・?

思い過ごしでしょうか?真相は過去に埋もれたまま。


ちなみにおばあちゃんは80なかばでガンで亡くなった。

ガンになる人は、認知症にはならないというが、

長く寝たきりで、あまり堂々とした最期とは言えなかった。

関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR