FC2ブログ

粗相したパンツ

おかあさんが脱いだパンツは、

もはや便が付いていない事の方が少なくなった。

主治医によると、「お尻を拭くのを忘れる」

のではないか。というのだが、

私が一緒にトイレまでには入っていないので

判らない。

洗濯するから汚れ物を出してというと、

おかあさんはいつも、

「洗濯?洗わなくていいよ」と答える。

多分「めんどくさい」という意味だろう。

パンツのしみが取れなくなって、そろそろ

大人用紙パンツの出番も考えなくては

ならないのかもしれないが、まだ

おかあさんは自力で歩いてトイレに行くし、

抵抗するだろうなと思い、言い出せない。

デイで職員に見られるのを、恥ずかしい

という気持ちが残っている間は、

普通のパンツがいいだろう。とも思う。

と言っても、洗うのは大抵私なのだけど。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

紙パンツ

母も私に紙パンツを履きなさいというくらい履きたがりませんでした。2ヶ月抵抗されて、ある夜大変なお漏らしが。翌日からケアマネージャーが推薦したヘルパーさんが毎日来るようになりました。ヘルパーさんが気持ち良く全部着替えさせてくれるようになりましたので、紙パンツもその日から毎日素直に履いてます。お風呂はヘルパーさんが、月曜日水曜日金曜日に一人で入る母を見守ってくれます。トイレも毎回一人で行きます。でも少し汚れてたりするので、ヘルパーさんが温タオルで拭いてくれて、紙パンツは履き替えて、捨ててくれます。ある日突然母は素直になりました。
プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR