FC2ブログ

柿のシーズン

おとうさんが畑の渋柿を、ダンボール

2箱分もどっさり取ってきて、

今年もまた干し柿作りをはじめた。

「どうせ全部腐らせるのに・・・」

私は苦々しい思いで見ていた。

干し柿は毎年軒下に吊るされたまま、

真っ黒に腐りはて、両親は大事そうに

冬の間それを食べるのだ。


おかあさんもいつのまにか一緒に

ちんまり座って手伝っているのを見て、

文句を言うどころか、

逆に両親の労力を誉めたたえた。

一日がかりで全部の柿の皮を

剝き終わったおとうさんは満足げだ。


これからおとうさんは、庭木の雪吊りも

たった一人でやり始める。

関連記事

テーマ : 日々徒然なる話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

Re: お父様素敵

のんさんおはようございます。いつもコメントありがとうございます。
女子友はたしかに大事ですよね。私にも少数ですが、たまにランチしたりする友がいます。
ただ、もっぱら私は話の聞き役で、母の認知症の話題はあまりできないです。私が話すと真剣に聞いてはくれますが、当事者ではないので共通の話題という訳にはいかないようです。

お父様素敵

お父様は無口で実直な素敵な方ですね。
お母様は幸せだと思います。
老後一緒に何かをする相手がいたらいいなあ。
別に家族でなくてもいいな。
女子友は大事ですよ。毎月女子会してます。幼稚園からの親友とも今月から親友会始めました。映画を見たりランチしたりですが、老後はお互いに心配しあおうと話すのが共通ですね。なぜか皆旦那様は先に亡くなってしまい、自分だけ一人生き残ってるという前提で老後の話が進みます。
プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR