FC2ブログ

私の住む所

国内で今、最も高齢化が進行中と言われる

私の住むN市は、一人暮らしの認知症患者の

割合も多く、そのケア体勢がこのほどNHKで

紹介されたばかりだ。このTVに出演された

M医師に、ウチのおかあさんも認知症宣告を

受けたのだった。

この時のおかあさんはまだ活発に動き回り、

物盗られ妄想が出始めの頃で、口も達者、

今よりむしろ手を焼いていた記憶がある。


TVでは認知症の一人暮らしの女性の日常を

追い、医師と、ケアする役割の各体勢の

専門家達が集まって、その認知症女性への

対応を伝達し、最も良いケアの方法を皆で

相談している様子が映されていた。

身近に理想的な体制があることが判った。が、

この先、ウチの方でも家族全体で、

各ケアの人達を足した総合的役割をせねば

ならなくなっていく。と言う事かとも感じた。


そして、手厚い介護から漏れている人も、

多数いるのだろうな。と思った次第である。
関連記事

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 猫

ウチの母は、猫が居るとかまい過ぎてストレスを溜めてしまう性格なので、同居は無理な様です。すぐ外に出してしまうし。
両親が健在なかぎり、猫はあきらめていますが、一人になったら飼いたいなぁ。

認知症は各人とても出方が違うので、私が自宅で一人になっても地域でヘルパ^ーさんに支えてもらって、一人暮らしができるかまだ自信がないけど、今は犬1匹と猫4匹を飼っていて、母の猫は診察もヘルパーさんも、猫は母と一緒にベットで見守ります。猫は人間みたいでいつも心に寄り添ってくれるので、我が家は猫が居ないと寂しくてダメです。だから私は施設に入りません自宅で亡くなりたい。最後まで猫と暮らしていけますように。健康で長生きしたいと猫のために努力中。母の猫は母が心配で枕を並べて寝てます。雄猫のおデブなんですが離れません。母も猫がいると安心するようです。
プロフィール

ケランパ

Author:ケランパ
脳出血の経験がある母は、H24年アルツと診断される。
H28年父が心不全で入院。私は還暦を過ぎて、
高齢者に健康体操を指導しつつ、両親の介護中。

最新記事
最新コメント
日本ブログ村バナーは最下部にあります
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
FC2ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログからリンクしています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR